FANDOM


カト・キイン(Khaat Qiyn)は人間女性で、銀河共和国時代末期のジェダイである。ナブーの侵略以前、キインは若い人間パダワンにとり、ジェダイ・オーダーの一人前のメンバーにするため訓練を施していた。コルサント・アンダーワールドで任務に就いていたとき、キインとその弟子はフォースを通じてシス卿ダース・モールの存在を感知したが、不審な気配の正体を突き止めることはできなかった。22 BBY、キインとその弟子はジェダイ攻撃チームの一員としてジオノーシスの戦いに参加する。彼女はライトセーバー戦闘フォームVを多用した。

経歴

消えた気配

Khaat Qiyn Padawan

コルサント・アンダーワールドを訪れた師弟

人間女性、カト・キインはジェダイ・オーダーに仕えるジェダイだった。彼女はナブーの侵略以前にジェダイ・ナイト以上の階級に達し、若い人間をパダワン見習いとして訓練し始めた。ある日、キインとその弟子は銀河共和国首都惑星コルサントアンダーワールドで任務に就いた。キインたちは知らなかったが、この時、路地裏でシス・アプレンティスダース・モールが2人のジェダイの行動を見守っていた。キインとパダワンはフォースを通じて冷たい気配を感じ取り、誰かが自分たちを見ていることに気づく。キインは弟子に、闇の中には人を1人飲み込むほど巨大な怒りが潜んでいることがあると警告し、暗い路地裏を調査した。しかしそこには誰もおらず、若きパダワンはフォースの感覚が自分たちを裏切ったのではないかと焦った。しかしキインは冷静さを保ち、混乱は破滅を招く原因になるため、常にフォースを信じるよう教え諭した。結局キインたちは謎の気配が消えた理由を突き止めることはできなかったが、モールはシス・マスターダース・シディアスから必要な時がくるまでジェダイと接触することを禁じられていたのだった。

ジオノーシスの戦い

22 BBY、銀河共和国は分離主義危機の脅威に直面し、独立星系連合と戦争は不可避の状況に陥っていた。ナブーパドメ・アミダラ元老院議員暗殺未遂事件が発生した後、ジェダイ・ナイトオビ=ワン・ケノービ調査により、事件を起こした賞金稼ぎジャンゴ・フェットが独立星系連合に雇われていたことが発覚する。フェットを追ってジオノーシスに辿り着いたケノービは、そこでドロイド軍が製造されていることを突き止めたが、連合の国家主席であるドゥークー伯爵に捕まってしまった。ジェダイ・マスターメイス・ウィンドゥはケノービを救出するため200人のジェダイから成る攻撃チームを編成する。キインとその弟子もチームの一員としてコルサントを発ち、ジオノーシスへ向かった。

Khaat Qiyn BOG

ジオノーシスで戦うキイン

キインたち攻撃チームが砂漠の惑星に到着したとき、ケノービの弟子であるアナキン・スカイウォーカーやアミダラ議員もドゥークー伯爵の捕虜になり、ケノービとともにペトラナキ・アリーナで処刑にかけられていた。ウィンドゥ率いるジェダイは処刑アリーナに侵入してライトセーバーを起動し、見物に集まっていたジオノージアンたちを追い散らした。しかし、ドゥークーは大量のバトル・ドロイドをアリーナに投入し、ジェダイの相手をさせた。キインたちは厳しい戦いを強いられることになり、参加したほとんどのジェダイがこの戦闘で命を落とした。

制作の舞台裏

Khaat Qiyn(headshot)

レジェンズの設定資料集『スター・ウォーズ エピソード2 キャラクター&クリーチャー』に掲載されたキインの画像

カト・キインは2002年の映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』のジオノーシスの戦闘シーンに登場する、大勢のエキストラの1人である。女優はズラヤ・ハミルトン(Zuraya Hamilton)。『スター・ウォーズ コンプリート・ロケーションズ』で紹介されたことにより、正史設定への仲間入りを果たした。

登場エピソード

参考資料

他言語版