FANDOM


カイキエリウス[1](Kaikielius)はコア・ワールドカイキエリウス星系に属する惑星である。ディープ・コアのちょうど外側にあり、コロス・トランク・ライン上のフォーロストルーアンの間に位置した。この惑星への主要な入口はブッチャーズ・アレイと呼ばれた。

歴史

この惑星は25,200 BBYから25,053 BBYの間に入植された。カイキエリウスはコア創始者のひとつに数えられる。この惑星の地元住民はカイキエリィと呼ばれた。

ハイパースペース大戦中、この惑星はナガ・サドウシス侵略艦隊によって攻撃された。

やがてこの惑星は貧困になり、ニモーディアンハットによって利用されることになった。4,225 BBYごろ、オッサスジェダイ・オーダーは、ハットによるカイキエリウスの支配を終わらせるため、特別部隊を派遣した。彼らやその他の犯罪組織は、ジェダイと銀河共和国の軍事力によって追い出され、カイキエリウスは共和国の援助のもとで再建された。その後の1,000年の間、カイキエリウスはエグザ・キューンシス皇帝スケア・カーンの標的になった。

クローン大戦中、分離主義勢力グリーヴァス将軍ダージの槍作戦の一環としてカイキエリウスを征服した。それから数十年後、新共和国が形成されると、この惑星はギアル・アクバーの艦隊に降伏した。しかし10 ABY、この惑星はナードニス・プラージ率いる帝国軍によって攻撃される。カイキエリウスとメテロスへの攻撃を受け、新共和国の指導者たちはコルサント以外の行動拠点を探し始めた。クローンの皇帝はプラージに惑星の総督将軍の地位を与えた。それから間もなく、帝国ルーリング・カウンシルに忠実な司令官たちは、銀河の首都惑星を奪還し、帝国内戦と呼ばれる血なまぐさい戦争を始めた。

ユージャン・ヴォング戦争中、カイキエリウスはユージャン・ヴォングによって侵略された。ユージャン・ヴォングがコルサントを陥落させた後、プラージ家は資産をカイキエリウスに移した。

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ・エンサイクロペディア』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki