FANDOM


オーヴェイアー・ジェット・カタマラン(Oevvaor jet catamaran)、別名ウーキー・カタマラン(Wookiee catamaran)は惑星キャッシークウーキー中および空中の移動に使用したスピーダーである。もともと非武装の民間機だったが、クローン戦争でキャッシークが独立星系連合の侵略を受けた際には、武器を搭載したカタマランが銀河共和国側の戦力として戦いに参加した。

特徴

Wookieeflyingcat2

後方から見たカタマラン

惑星キャッシークに生息する獰猛な海洋生物にちなんで名付けられたオーヴェイアー・ジェット・カタマランは、中および空中の移動に用いられた全長15.1メートルスピーダーである。ロシュア・ツリーからつくられた双胴の機体を持ち、各機体に2名が乗り込むことができた。[1] オーヴェイアー・カタマランはウーキーの職人芸と先進技術を組み合わせることで作り出されており、慎重に形作られた製の機体が強力なリパルサーリフトエンジンに連結されていた。[2] カタマランはポッドレーサー・スタイルのエンジンによって速370キロメートルで移動することができ、小型のローターが上昇時の推進力を提供した。[1]

オーヴェイアー・ジェット・カタマランはもともと民間機としてアペイザーナ・エンジニアリング・ワークス社によって製造され、武器は積んでいなかった。しかしクローン戦争では軍用機として再活用され、連射式ブラスターミサイル・ランチャーが機体に加えられた。カタマランには装甲化された風防が付属していたが、それを除くと乗組員はほとんどむき出しの状態で機体に乗り込んだ。[1]

歴史

オーヴェイアー・ジェット・カタマランはアペイザーナ・エンジニアリング・ワークス社によって民間機として製造された。[1] クローン戦争終盤の19 BBY故郷である惑星キャッシーク独立星系連合による侵略を受けた際[4]、ウーキーはボウキャスターをはじめとする美しい手作りの武器と、カタマランをはじめとする精巧な乗り物を駆使し、力だけでなく独創性をもって侵略軍に立ち向かった。[5]

登場エピソード

参考資料

脚注