FANDOM


Atticon

この記事はレジェンズ世界観に属さない非正史設定を扱っています。

この記事は、インフィニティーズ・レーベルで出版された作品や、ルーカスフィルムによって非正史作品(レジェンズ設定に属さない)と宣言された作品の情報を扱っています。

オールド・ウーンズ~古傷は『スター・ウォーズ ビジョナリーズ 新たなる伝説』に収録されている非正史コミック作品。作者はアーロン・マクブライド。原題は『Old Wounds』。タイムラインは16 BBYに設定され、サイボーグの体で復活したダース・モールとの戦いが描かれている。このコミックは非正史扱いだが、ダース・モールの復活という設定は、のちに正史設定のアニメ『クローン・ウォーズ』でも活用されている。

あらすじ

OvMVisionaries

再び相まみえるケノービとモール

銀河帝国の統治が始まってから3年目惑星タトゥイーンラーズ農場に襲撃者がやって来た。サイボーグの肉体で復活したシス卿ダース・モールである。彼は、ジェダイオビ=ワン・ケノービに復讐を果たすため、この砂漠の惑星にやって来たのだった。侵入者を目にしたオーウェン・ラーズは、妻のベルーと養子のルーク・スカイウォーカーを後ろに下がらせ、ブラスターを構えた。しかしモールはブラスターを奪い取ってこの水分農夫を殴り倒した。モールは、ベルーが抱える子供がダース・ヴェイダーの息子であることに気づいたが、ケノービが近くにいることをフォースで察知した。

砂の中から姿を現したケノービは、仇敵のシスライトセーバーを交えた。はじめは圧倒されていたケノービだったが、敵の前頭部の角を拳で砕き、モールの左腕もろともダブル=ブレード・ライトセーバーを切断することに成功した。するとモールは、サイボーグの脚でケノービを蹴飛ばし、ライトセーバーの使える部分をフォースで手元に呼び寄せた。しかし、モールが体勢を立て直す前に、ケノービはライトセーバーのブレード放出部分をシス卿の頭部に向けて構えていた。あとはスイッチを押すだけでとどめを刺すことが出来たが、しばらく戸惑ったケノービの代わりに、目を覚ましていたオーウェン・ラーズがモールを射殺した。ケノービはモールをデューン・シーで火葬にすることにし、ラーズは去って行くケノービに二度とこの家に来ないよう告げた。

登場作品

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki