FANDOM


「あたしは何をするにも、許しを得たことなんか一度もないね」
―オーラ・シング[出典]

オーラ・シング(Aurra Sing)は衛星ナー・シャッダ出身の近人間種族女性で、銀河共和国時代末期に活動した賞金稼ぎクローン戦争当時、彼女は銀河系で最も恐れられる殺し屋のひとりだった。シングは頭蓋骨から突き出したバイオコンピューターのアンテナで標的を追い、アドベンチャラー・スラグスローアー・ライフルで獲物を狩った。フリーランスの暗殺者だった彼女は、ハット・クランを含む様々な顧客の依頼を引き受けていた。シングはひとりで働くのを好んだが海賊ホンドー・オナカーと仲が良く、一時期恋人だったこともあった。また、彼女は仕事の内容次第ではキャスタスボスクキャド・ベインといった同業者と組んで活動することもあった。ナブー危機当時、シングはアウター・リム・テリトリー惑星タトゥイーンに滞在し、アナキン・スカイウォーカー少年が優勝したブーンタ・イヴ・クラシックポッドレースを観戦した。

クローン戦争中、シングはジオノーシスの戦いで父親ジャンゴ・フェットを亡くした幼いボバを訓練した。シングはジャンゴを殺したジェダイ・マスターメイス・ウィンドゥへの復讐を手伝うと約束したが、ボバを見捨てて<スレーヴI>で逃げようとした。ジェダイパダワンアソーカ・タノの攻撃で<スレーヴI>が墜落した際、シングは負傷したものの元恋人のオナカーに救出された。傷を癒すためしばらく姿を消した後、シングは収監中のズィロ・ザ・ハットの依頼を引き受け、惑星オルデランパドメ・アミダラ元老院議員の命を狙った。彼女はまたしてもアソーカ・タノに仕事を妨害され、銀河共和国に逮捕されたが、何とか逃げ出すことに成功した。その後、彼女はベインと共に元老院ビルで人質事件を起こし、ズィロを刑務所から脱獄させた。

登場作品

参考資料

脚注

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki