FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 
「オーダー66を遂行せよ」
パルパティーン[出典]

オーダー66(Order 66)は共和国グランド・アーミークローン・トルーパーたちが成長段階で訓練されていた一連の緊急指令のひとつである。この指令はジェダイたちを銀河共和国の裏切り者とみなし、何の疑問も持たず彼らを即時処刑するよう要求した。この指令は実際に最高議長パルパティーンによって発令され、ここから形式的にジェダイの粛清がはじまり、銀河帝国が台頭する。これは帝国の残虐行為の極みのひとつでもあり、銀河内戦へ繋がるひとつの要素である。

オーダー66によってほとんどのジェダイが殺害され、生存者の大部分も続くジェダイ粛清の中で命を落とした。しかしルーク・スカイウォーカーフォースの訓練を行ったオビ=ワン・ケノービヨーダのようなジェダイが存在したため、ジェダイ・オーダーは後の時代にも生き残ることになる。

歴史

Editicon このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

知られている犠牲者

銀河中に散らばっていたジェダイの大半が、オーダー66の犠牲者になった。オーダーの指導者たちであるジェダイ・カウンシルのメンバーたちは明確な標的となった。マスターとナイトたちは即時に処刑の対象となり、パダワンは査問のため留置されたことになっていた。

知られている生存者

ジェダイ・オーダー全体のおよそ1パーセントにあたる100人に満たない程度のジェダイがオーダー66を生き残ったといわれていた。しかし、これは間違いだったようであり、実際の生存者は100人を超えていた(200人近くいた)とされる。しかし、こうした生存者の多くも、オーダー66に続くジェダイの大粛清の中で命を落とすことになった。

Zao survivor

オーダー66後のジェダイ・マスター・ザオ

まず、惑星デラルトにいた4人のジェダイ、クロッシ・アノデラン・ナルーアルシアデム・フォーテイウォ・クルカがオーダー66を生き残った[3]。惑星マーカナで戦っていたジェダイの一団の一部は、命令に背いたクローン・トルーパーによって命を救われた。しかし、ボル・チャタクダース・ヴェイダーによって殺害されている。それ以外のジェダイ、ローン・シュラインオリー・スターストーンはデラルトから逃げてきたグループと合流する。フォーテとクルカ、そしてシュラインは、キャッシークにおいて他の者たちが帝国の手から逃れようとする中、ヴェイダーと戦って命を落とした。[3]シュマリにおける戦いに参加していたジェダイの戦士たちは、若きタオを除いて全員シスによって命を奪われた。ダス・ジェニアもオーダー66を生き残り[4]、自らシスと戦う勢力を率いた。一方で、ジェダイ・カイ・フドラノイラー・ナーはふつうの銀河市民として帝国の都市に紛れ込む道を選んだ[4]カイ・ジャスティスバウンティ・ハンターから隠れなければならなかった。エクリアゾンダードレイク・ローガンは生き延びてフェルーシアへと逃れたが、ゾンダーはダース・ヴェイダーとの戦いで命を落とした。チェイス・ピルホークバット・クランセドウィアジローケナン・タンザーを含むメンバーたちを見守った。ソルメはオーダー66を生き残るが、ある時期に死んでアンザートで火葬が行われた。ベイゴア・シャデットは自分を裏切ったクローンたちを返り討ちにし、ある女性のジェダイはクローンから身を隠した。

オビ=ワン・ケノービヨーダシャアク・ティは初期の粛清を生き残ることに成功した数少ないジェダイ・カウンシルのメンバーだが、ティとピールはその後の暗黒の時代に命を落とす。アンヤ・クロはヴェイダーの刃によって倒れたジェダイの中でもっとも主要な人物のひとりである。

ケントー・マレックは惑星キャッシークでウーキーたちの中に隠れ、マリス・ブルードはシャアク・ティとともに生き残ってフェルーシアへと逃れていった。エイヴン・ロークは生き残り、ジェダイ・オーダーを再建するつもりで脱出ポッドの中で仮死状態のまま凍結されたが、のちに惑星ジッシュの氷の洞窟で命を落とした。

マンダロア戦争以来、地下牢の中で眠り続けていたセレスト・モーンは、オーダー66を逃れることができた。彼女はのちに<アフームル>という名前の密輸用の宇宙船でダース・ヴェイダーによって起こされた。しかし彼女は逃げ切り、それからほぼ100年後にハド・アバドンケイド・スカイウォーカーの手にかかって死ぬ。

惑星ケッセルにおける会合では、オーダー66を生き残ったコフィ・アラーナツイ・チョイロブリオ・ダーテジャスタス・ファーマキスシャラスシャデイ・ポトキンバルター・スワンシア=ラン・ウェズたちがダース・ヴェイダーの襲撃を受け、この暗黒卿によって殺害された。ダース・ヴェイダーによって家を襲撃されたモーヴェット・ストームも命を落としている。

Falon Grey, X2

ダントゥインに隠れたファロン・グレイ

アクィノスと彼のアイロン・ナイトドウィームに隠れ、キャリンアナ・タシスをパダワンにして未知領域へと逃れていった。ミノス・フェルコーナは荒廃したクラリン星系へと逃げていって、消息を絶った。ゲイスカリスタ・ミングプレットは戦いから逃れるが、最終的に発見される。ボンニアは旅行者によって発見されたが粛清は免れた。ダラス・ジェットはクローン・トルーパーを欺いて未知の領域へと逃げていった。バーダン・ジャシックマンダロアへ逃げ、イレニク・イトクラオルデランで命を落とした。ドラッカ・ジュダールと彼女のマスターはダントゥインに隠れ、クインラン・ヴォスカーリン・ヘンツと彼女とのあいだに生まれた息子、コート・ヴォスとともに、おそらくキャッシークで隠れた。

タリシベス・エンワンダング=エスターヘイジーキナ・ハーらも生き残り、ナイリーン・ヴォレンによってマンダロアへと連れて行かれた。

ダーリン・アーカニアンと彼の弟子であるコーウィン・シェルヴェイは、ハイ・インクィジターアンティニス・トレメインによって殺害され、レクシィ・ディガリーンと彼の家族も居場所を突き止められ、やはり殺害された。ネス・エナステリはこうした末路から逃れるために、家族と別れてアウター・リム・テリトリーへと去っていった。イドラ・キルワレンと彼女の夫は数年間穏やかな日々を送ったが、やがてシ=ルウクの中へと姿を消した。ナイバー・ボトンダマ・モンタルヴォ、そしてゴウタルのジェダイとハラガット・ヴェンターはダース・ヴェイダーによって拷問され、ヴェンターのみは生き延びて友人のアシュカ・ボーダとともに身を隠した。ボトンがヴェイダーの拷問によって命を落とし、さらにその肉体を切断される一方で、ヴェンターは開放されるが自分がもたらした他人の死に苦しみ正気を失った。アミーザ・ダリスアーデン・リンによって殺害され、最後の記録管理者のジェダイとアクストン・トレッドウェイ、そしてタラシーアのジェダイはシスによって発見され殺された。

ドラン・カーンウィックデニアドーン・テイヴァースジョク・サー、そしてタイナー・レンズは、反乱同盟軍などのレジスタンス・グループに加わって帝国と戦った。帝国によって捕らえられたあるジェダイは、デス・スターで暴動を率いたが命を落とした。また、別のあるジェダイとその娘であるフェイブル・アスティンは反乱同盟軍に加わり帝国との戦いの手助けをした。ラニク・ソルサーと彼の息子であるカム・ソルサーは帝国の捜索を受けるが、カムはやがてニュー・ジェダイ・オーダーに加わった。キュー・ラーンジェダイの谷において、カイル・カターンの冒険の手助けをした。ヴィマ=ダ=ボーダはジェダイ・オーダーが壊滅したあと、アウター・リムにおいて恥を忍んで生き延びていた。

エンパトジェイオス・ブランドトラ・サアカクルークイクリット、そして エファーン・ケンゾンの生徒の何人かは、のちにルーク・スカイウォーカーのニュー・ジェダイ・オーダーへと加わった。

ベルドリオンジェレクダナン・カーモートラヴゲンたちはフォースのダークサイドに転向し、やがては他のジェダイやヴェイダーによって殺されることになる。アシャラド・ヘットはオーダー66からジェダイ粛清までを生き延びるが、ダークサイドに転向後、ダース・クレイトと名前を変えてワン・シスをつくりあげた。グルー・ダンリックはジェダイ・マスターたちから弟子に選ばれなかったため、集団農場に送られており、そこでダークサイドに転向した。

シャアク・ティラーム・コタカズダン・パラトゥスたちは、ジェダイ粛清のあいだにダース・ヴェイダーが秘密裏に訓練していた弟子、ギャレン・マレックと戦った。これら3人の中でコタだけは生き延び、マレックがフォースのライトサイドへと転向する手助けをした。結果的にこれはマリス・ブルードが生き延びることにも繋がった。コタは盲目であったにもかかわらず、反乱同盟軍にくわわってデス・スターの攻略プランを率いた。ジャックス・パヴァーンラランス・タラクはコルサントで銀河帝国の転覆を図った。カクルークは秘密のテンプルパダワンを教育した。

Ben Kenobi

タトゥイーンに隠遁したオビ=ワン・ケノービ

ファイ=トア=アナガレン・マルンイラムに隠れたが、ジェダイ・アステロイドで顔をあわせたときに殺害されている。ライ=ゴールはオーダー66のときには身を隠していたが、ジェダイ・アステロイドに逃れたあとに殺害された。ジェダイ・テンプルでクローンの部隊に攻撃を仕掛けたジェダイもいたが、失敗して命を落とした。タジ・ジュナクは自分のアカデミーを救うために自らを犠牲にしてストームトルーパーに殺された。ノスリンタトゥイーンへと逃れ、フォース=センシティブフォースを学ぶ手助けをした。クィッド・プロコは技術者として働き、ウルーターはキャッシークでバウンティ・ハンターに殺害された。

エチュウ=シェン・ジョンクローン戦争の初期に惑星クラントに隠遁していたためオーダー66を免れていた。彼はのちに再び姿を現し、ストームトルーパーの部隊からレイア・オーガナを救った。その後、ダース・ヴェイダーによって殺害されている。

ジェダイ・マスター・ファロン・グレイダントゥインに隠れた。帝国期、彼は地元の帝国ストームトルーパーに対抗するレジスタンス勢力を率いていた。エリートのクローン・トルーパーであるX2は帝国への兵役を離れ、戦いにおいてグレイを手助けした。しかし、その後到着したX1がファロン・グレイを殺害した。

ジェダイ・マスター・アイリ・ケイマスセレンで第501軍団に追撃された。このジェダイは4人のクローン・コマンドの部隊を建物の中へと誘い込み、ガスのラインに火をつけて建物を爆発させた。クローンのうちの3人は脱出し、ケイマスとひとりのコマンドは爆死した。彼のライトセーバーは、爆発によって半分溶けた状態でのちに発見された。

ヴァララ・サールウード・ブナーフェラス・オリンスレイシア・チョ・リームコディ・ティ、そしてザオは、オーダー66発令当時ジェダイ・オーダーでの活動を行っていなかったため、シスによって捜索されることはなかった。また、銀河系内にいなかったヴァーゲアも同様に、こうした粛清とは無縁だった。

行方不明/消息不明

何人かのジェダイはオーダー66のあとの消息が知られていない。これには死体が発見されていなかったり、所属していた部隊が全滅したなど多くの理由があった。消息不明者のひとり、デパ・ビラバは、ジェダイ・テンプルが攻撃を受けたときには、すでに過去の傷から回復していたと思われる。また、マスター・コールマン・カジナイトフォール作戦のときにコルサントにいたと思われ、おそらくこのとき命を落とした。

オビ=ワン・ケノービは長年の友人であるバント・エーリンが殺害されたと想定していた。グリン=ベティウル・ウリックスヴールヴィフ・モンサルディスは戦争中に活躍しており、おそらくは命を落としたが、生き残ってほかのジェダイとともに逃亡生活を送った可能性もある。

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki