FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 
「ミー、安全な場所知ってる。グンガ・シティ。ミーの故郷…秘密の街」
ジャー・ジャー・ビンクス[出典]

オータ・グンガ(Otoh Gunga)、別名グンガ・シティ(Gunga City)は惑星ナブーパオンガ湖中に存在した都市グンガン種族首都で、静水力学バブル・テクノロジーを用いた泡のような建物が並んでいた。オータ・グンガにはコミュニティのボスに率いられたグンガン最高評議会の会議場が置かれており、人間種族ナブー人)との接触を避けるグンガン社会を統治していた。ナブー危機が発生した時、オータ・グンガはトレード・フェデレーションバトル・ドロイドに侵略され、住民はボス・ルーガー・ナスに率いられて聖地へ避難した。その後グンガンはナブー人と和解して手を取り合い、惑星から侵略者を追い出した。ナブーの戦いが終わり、グンガンの住民が戻って来た後、オータ・グンガは観光スポットとして栄えるようになった。また、この街はクローン戦争中に一度独立星系連合の脅威にさらされた。

特徴

City Bigspace

都市の内部

両生類種族グンガン都市、オータ・グンガは惑星ナブーパオンガ湖中深くに築かれていた。[3] 都市設計にはグンガンのユニークなテクノロジーが活かされており、宝石のようなバブル状の建物が並んでいた。このバブルは静水力学技術によってつくり出されたフォース=フィールドで、水の侵入を防ぎ、巨大な球体の中に呼吸可能な大気を閉じこめていた。[2] グンガンの住民は特別に考案されたポータル・ゾーンを使ってバブルにぶつかることなく都市を出入りした。バブルの殻は有機物でできており、バブルの内部の建物は生き物のような湾曲した形で構成されていた。グンガンはナブーの多孔質地殻層の奥深くから見つかるプラズマ発泡ワート触媒を組み合わせ、静水バブル生成のエネルギー源にしていた。[3]

オータ・グンガには100万人のグンガンが暮らしていた。[2] グンガン最高評議会の会議場はオータ・グンガに置かれ、コミュニティの指導者にはボスの称号が与えられた。グンガンはバブルの中で歩いて生活したが[4]、泳いで移動するグンガンのため都市内に特別なゾーンが設けられていた。[3] また、グンガンは移動のためトライバブル・ボンゴヘイブリバーといった水中用ビークルを使うことがあった。[4]

歴史

起源

地上に住むナブー人のことを偉ぶった卑怯な種族だと考えていたグンガンは、彼らとの接触を避けるためパオンガ湖の水中にオータ・グンガを築き上げた。[2] 人間のナブー人は首都シードを築いてグンガンから孤立し、ナブーの代表者として銀河共和国元老院議員を派遣していた。[4]

ナブー危機

Editicon このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

クローン戦争

トレード・フェデレーションが撤退した後、ボス・ナスと最高評議会はオータ・グンガの人口過密問題を心配するようになった。オータ・グンガは観光スポットとなって惑星外からの訪問者が増え、ハネムーン旅行者に人気を博すようになったのである。[3] ナブー危機で活躍したルーガー・ナスはクローン戦争以前にボスの役目を終え、リオニーがその役職を引き継いだ。クローン戦争中、ジェダイ最高評議会がグンガンに助力を求めた時、オータ・グンガの会議場で指導者たちの話し合いが行われた。ボス・リオニーはジャー・ジャー・ビンクス(当時銀河元老院でアミダラの下級代議員を務めた)の説得を受け、モン・カラへのグンガン派兵を決意した。[5]

登場作品

参考資料

脚注

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。