FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 

オーウェン・ラーズ(Owen Lars)は人間男性で、砂漠惑星タトゥイーンに住んでいた水分農夫クリーグ・ラーズの息子で、ベルー・ホワイトサンの夫。シミ・スカイウォーカー・ラーズの義理の息子で、アナキン・スカイウォーカーは彼の義兄弟である。

ジェダイ・ナイトのアナキン・スカイウォーカーがフォースのダークサイドに転向してシスの暗黒卿ダース・ヴェイダーになった後、オーウェン・ラーズとその妻は生れて間もないアナキンの息子ルーク・スカイウォーカーを養子として引き取ることになった。ルークを夫妻に預けたのは、ジェダイ・マスターオビ=ワン・ケノービだった。当初、ラーズはケノービが近くに住んでルークを見守ることを喜んでいたが、やがて彼の存在を疎ましく思うようになった。ラーズはルークに父親の正体を教えず、アナキン・スカイウォーカーはスパイス貨物船の航法士だったと嘘をついた。

ルークはタトゥイーンを離れることを夢見ていたが、ラーズは水分農場の仕事に人手が必要だと言って彼を引き留め続けていた。ヤヴィンの戦いの直前、ラーズはジャワの商人からプロトコル・ドロイドC-3POアストロメク・ドロイドR2-D2を購入した。ラーズは知らなかったが、このドロイドには反乱同盟軍のプリンセスレイア・オーガナによってデス・スター設計図とメッセージが託されていた。スカイウォーカーがメッセージに従ってケノービの家へ出かけている間に、設計図を捜索していた帝国軍ラーズ農場を訪れ、ドロイドを購入した夫妻を殺害した。その後、育ての親のを知ったルークは、ケノービと共に故郷を去る決断をした。

登場作品

参考資料

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。