FANDOM


オロン・ジェイガー(Oron Jaeger)は人間男性であり、シス=帝国戦争の時代にフェル帝国に仕えていた将軍である。戦争が終わり、シスの暗黒卿ダース・クレイトローン・フェルから権力を奪い、皇帝を名乗ったとき、ジェイガーと彼の指揮するストームトルーパー第501軍団は表向きにはクレイトの銀河帝国に忠誠を誓ったが、ひそかにフェルの亡命帝国に提携し続けていた。第二次帝国内戦中の137 ABY、フェルが惑星バスティオンに帰還し、この帝国の拠点を奪回したとき、ジェイガーも居合わせていた。彼は追放されていた皇帝をバスティオンに歓迎する。1ヶ月あと、亡命帝国はガー・スタージ提督率いる銀河同盟残存勢力と同盟を形成し、シスとその帝国は惑星ダックに毒物ヴァイラル・スポア散布し、1週間のうちに惑星を完全に荒廃させてしまった。惑星ダックからの避難活動において、ジェイガーはスタージとその軍隊を支援し、惑星の人口のほぼ20パーセントを救助することに成功した。

経歴

バスティオン陥落

人間男性、オロン・ジェイガーは、シス=帝国戦争につながる数年間のあいだ、ストームトルーパーとしてフェル帝国に仕えていた。彼はやがて将軍の階級に昇格し、ストームトルーパーの第501軍団コマンダーになった。この部隊は、彼の時代から1世紀以上前に勃発したクローン戦争以来の歴史を持つ、エリート部隊だった。第501軍団のコマンダーとして、ジェイガーは軍事行動に基づく効率化を組織と戦術で発揮した。彼はまた、戦場、とくに戦いの真っ最中において、永続する「鳥の目の視野」を持っているという評判を得ていた。

Fel and Jaeger

バスティオンにおけるジェイガーと皇帝ローン・フェル

フェル帝国が銀河連合自由同盟に対して行ったシス=帝国戦争のあいだ、ジェイガーは惑星コルラグにおける戦闘に参加し、頭部に怪我を負った。軍役に復帰する前に、ジェイガーは中央司令基地とのコンタクトを可能にする、神経インターフェース・サイバネティクスを移植する道を選んだ。130 ABY、戦争が終結し、シスの暗黒卿ダース・クレイト皇帝ローン・フェルから帝国の玉座を強奪する。そのとき帝国の拠点である惑星バスティオン兵士の部隊を率いていたジェイガーは、表向きにはクレイトの銀河帝国に忠誠を誓った。しかし、彼と第501軍団の忠誠は皇帝フェルにあり続け、その後の7年間、彼らはバスティオンに残り続けフェルとの希薄な接触を保っていた。皇帝からの命令ごとに、ジェイガーはゆっくりと、バスティオンにおける兵員をフェルに忠実なものに交代させはじめた。

137 ABY第二次帝国内戦中、フェルは亡命帝国首都奪回するため、惑星バスティオンへと帰還した。彼を迎えたキーファー中尉は、ストームトルーパーにフェルを逮捕するよう命令した。兵士が命令を拒否すると、キーファーは自らフェルを処刑しようとした。しかし、その前にジェイガーは自分のトルーパーの一人に中尉を撃たせ、殺害させる。ジェイガーはフェルをバスティオンに迎え入れ、第908ストームトルーパー師団を除くフェル皇帝に忠誠を誓う全ての軍隊が、惑星にそろっていることを伝えた。その後まもなく、ジェイガーは帝国のソッコーロの連絡員から、惑星の帝国伝道団が壊滅し、フェルの娘であるプリンセスマラーシア・フェルが行方不明になり、彼女のボディ・ガードエルク・ヴェターが死んだことを知らされた。ジェイガーがフェルに知らせを届けた後、インペリアル・ナイトアンタレス・ドレイコガナー・クリーグがプリンセス救出に名乗りを上げた。しかしフェルは彼らにその任務を許さなかった。結局ドレイコとクリーグは皇帝の命令に反抗して行動を起こし、プリンセス・フェルの救出に成功した。この間、皇帝フェルとジェイガーはダース・クレイトとその帝国を打倒する計画を練りはじめ、ジェイガーはその後数ヶ月間フェルのために働き続けた。

ダックでの避難活動

Stazi and Jaeger

ジェイガーはダックの脱出においてスタージを援助した

数ヶ月後、フェルの亡命帝国は、クレイトの帝国に対抗し、ガー・スタージ提督が率いる銀河同盟残存勢力と同盟関係を結んだ。ニュー・ジェダイ・オーダーの代表者と会談するため、皇帝フェルがバスティオンを発ちアガマーへと向かったとき、ジェイガーはスタージと連絡を取った。スタージは惑星ダックからの避難活動を援助するよう要請した。この惑星は、シスによって惑星状の生命体を1週間以内に滅ぼすことが出来る致死的病原体をばら撒かれ、汚染されていたのである。議論においてジェイガーは、スタージがシス=帝国勢力の罠に誘い込まれていると警告し、皇帝の許可がなくては、自身の軍隊がスタージを援助することができないと主張した。この結果、スタージは単独行動をとらざるを得なくなった。

それにもかかわらず、ジェイガーはペレオン級スター・デストロイヤーの攻撃部隊の個人的指揮権を手にし、皇帝から攻撃の許可が出たときに備え、惑星ダックから離れたところにハイパースペース・ジャンプしていた。フェルからの許可が出た直後、ジェイガーと彼の艦隊はスタージを助けるべくハイパースペースから脱し、クレイトの帝国に忠実なアウター・リム第3艦隊と戦った。ジェイガーの艦隊の到着は、シス=帝国側が戦いから撤退するきっかけとなった。シス=帝国側がダックから退却していったため、ジェイガーは自分が逃げる敵を追跡することをスタージに知らせる。しかし、スタージはジェイガーの利用可能な全てのシャトルに、ダックの地上で救出を待つ一般人を助けるよう要求し、ジェイガーもこれに同意した。銀河同盟残存勢力とフェルの帝国軍は、ダックの人口のほぼ20パーセントを効果的に救出した。

個性と特徴

Oron Jaeger LECG

オロン・ジェイガー将軍

オロン・ジェイガーはその人生をフェル帝国にささげる決心をしており、政府の指導者であるローン・フェル皇帝にきわめて忠実だった。ダース・クレイトがフェルから皇位を略奪した後、ジェイガーと彼の指揮下にあった兵士たちは、シス卿の新しい帝国に忠誠を誓ったふりをした。彼はフェル皇帝との接触を保ち続けることを最優先事項とし、フェルに忠実な帝国の人物ならば誰でもバスティオンへと再配置させ、フェルを援助することが出来るよう巨大な軍隊をこの惑星でまとめあげようとしていた。

ジェイガーは、シスを倒すためには、フェルの支持者たちと銀河同盟残存勢力のあいだに同盟関係を結ぶことがきわめて重要であると考えていた。惑星ダックからの避難に関してガー・スタージ提督と話し合った際、ジェイガーは惑星ダックやその住民の命が失われることよりも、シスを倒すことのほうがより重要だという彼の考えを表明した。しかし、ジェイガーはダックから一度のハイパースペース・ジャンプで移動できる距離にスター・デストロイヤーの艦隊を配置し、同盟軍のダックの避難活動を援助するためにフェルの許可を取り付けている。

ジェイガーはブラスター・ピストルコード・シリンダーを所有しており、モフの制服を着込んでいた。彼はベーシック言語を理解し、話すことが出来た上、バイナリー言語も理解できた。彼のサイバネティック移植には内蔵型のコムリンクとデータ・リンクがあり、これによってほとんどの軍隊司令官よりも早いペースで命令を中継することが可能になっていた。

制作の舞台裏

オロン・ジェイガーは、コミックスター・ウォーズ レガシー』シリーズに登場するキャラクターとして、ジョン・オストランダーによってつくられた。彼は『Broken, Part 3』で初登場している。ジェイガーが登場する作品はいずれも、邦訳されていない。

登場作品

  • Star Wars: Legacy 3: Broken, Part 3 (初登場)
  • Star Wars: Legacy 23: Loyalties, Part 1
  • Star Wars: Legacy 47: The Fate of Dac
[[カテゴリ:バステ

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。