FANDOM


オルン・デップ[1](Orun Depp)はヤヴィンの戦いのころのモス・アイズリー帝国長官。デップはエイダー・タロン暗殺を企むアサシン・ドロイドIG-72によって殺害され、ユージン・タルモントがデップ亡き後の長官となった。

0 BBY、惑星タトゥイーンに<デヴァステイター>が現れ、惑星が封鎖された。これは<タンティヴIV>から逃げたR2-D2C-3POを捜索するためであり、デップは帝国軍の作戦を知らされた。デップは惑星の総督であるトゥア・アーヨンに作戦の内容を伝えた。[2]

彼の死によって“デップを買う”というフレーズができた。これは、劇的に死んだものをさす言葉だった。オルン・デップには、シルヴェットという名の兄弟がいた。

登場作品

  • Play It Again, Figrin D'an: The Tale of Muftak and Kabe (言及のみ)
  • Swap Meet: The Jawa's Tale (間接的に言及)
  • Nightlily: The Lovers' Tale (間接的に言及)
  • WEG icon2 Tatooine Manhunt

参考資料

脚注

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki