Fandom

Wookieepedia

オルデラン

< オルデラン

9,726このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする
正史版の内容はこちらをクリック。  レジェンズ版の内容を紹介しています。 
「オルデランは武器を持たない平和な星よ」
レイア・オーガナ[出典]

オルデラン[1](Alderaan)は、コア・ワールド内のオルデラン星系の第2惑星である。ウリック・ケル=ドローマベイル・オーガナレイア・オーガナ・ソロなど、銀河史において多くの英雄を輩出した。美しい環境を保ち、洗練された文化を持つことで知られ、オルデランの住民は周囲の自然をできる限り保護しようと努めていた。

もともと昆虫種族キリック故郷だったオルデランだが、のちに人間によって征服された。大銀河戦争戦いの舞台となり、続く冷戦では惑星の内戦を経験したにも関わらず、歴史の大部分においてオルデランは平和の星として知られていた。しかし0 BBY銀河帝国グランドモフウィルハフ・ターキンは、銀河を従順に従えるための手段として、初代デス・スタースーパーレーザーを使ってオルデランを破壊してしまった。

歴史

共和国以前の時代

Killikmounds.jpg

キリックキャッスル・ランドにつくった尖塔

青々とした山の多い惑星、オルデランは、昆虫種族キリックの故郷だった。この種族は、1,000,000 BBYごろに惑星で最も知的な非知覚種族から進化した。オロボロのキャッスル・ランドなど、キリックは巨大なハイブを作り上げ、オルデランを支配していた。しかしやがて彼らはオルデランを離れ近隣の惑星オールサッカンに植民し、やがてオルデランの天然資源をすべて使い果たすと、ディープ・スペースへと出発した。27,500 BBYハーグリック通商帝国を媒介し惑星コルサントからやってきた人間の入植者が、オルデランに自然と調和した平和な文明を築き上げた。オルデランの自然の美しさに引き付けられ、コア・ワールドの向こうからも移民がやって来た。やがて、オルデラニアンの君主制が確立され、環境を保護するために多くの法律がつくられ、施行された。

旧共和国

25,053 BBY、オルデランは銀河共和国設立メンバーのひとつであり、初期のハイパースペース探索の停泊場所となっていた。オルデランは、初期共和国の造船会社、オルデラン・ロイヤル・エンジニア社の本拠地である。彼らの宇宙船によって、オルデラニアンの入植者はニム・ドローヴィスに住み着いた。マンダロア戦争中、この惑星はカサス・フェットの軍隊の侵略の脅威にさらされたが、古代のシス遺物を誤って使用した侵略軍が全滅したことによって、オルデランは救われた。

Alderaan-Hope.jpg

大銀河戦争当時のオルデランの風景

大銀河戦争が激化していた時代、オルデランの平和は、シス帝国の軍隊の全面攻撃によって乱されることになった。シスはあっという間に地元の防衛軍を圧倒し、王家全体を人質にとった。これに対し、共和国とジェダイの特別部隊が、シスに対して迅速な反撃を開始した。彼らはオルデランを奪還し、シスに深刻な打撃を与えることに成功する。

シス軍侵略の結果、オルデラニアンの指導者たちは、銀河元老院でシス帝国に対する強硬な軍国主義の姿勢を取るようになった。3,653 BBY、シスが銀河系の首都惑星コルサントに対する破壊的な攻撃を行った後、コルサント協定が結ばれたことによって、何世紀も続いた長い戦争がシス帝国にとって有利に終結することになった。オルデラニアンの皇太子ガウル・パンティーア元老院議員はこれに抗議して元老院から立ち去り、オルデランは共和国から撤退する。

皇太子の行動は、オルデラン内部で多くの分裂を生んだ。多くの人々が彼の対応を指示したが、共和国から脱退したことに憤慨する人々もいた。この危機は、皇太子と彼の配偶者の死によって最悪の状況を迎えた。オルデラニアン議会は対立する一族どうしの内紛によって急速にばらばらになってしまう。こうした一族のうちのひとつが軍事クーデターを企てたために、間もなく血なまぐさい内戦が勃発する。

共和国とシスによる惑星間の冷戦の後、オルデランは共和国とシスの境界での衝突や代理戦争の部隊となった。共和国はオーガナ家を支援したが、シスはオルデランの王座を取り戻そうとするより小規模な家系を支援した。しかし、オルデランにおいてどちらの側にも軍隊は存在しなかった。

旧共和国の最後の5世紀のあいだ、オルデランの貴族は、ラマレッドから来たバーティン・ガーメット・デリカシーズ社のシーフードを好んで食べたことでよく知られていた。

27 BBY、オルデランはジェダイ・マスターイース・コスによって、エイシャー・コーダによる危機から救われた。

クローン戦争

CR70 alderaan.jpg

クローン戦争後、オルデラに着陸する<サンダレッド・ハート

全体として、オルデランは軍隊創設法案に強く反対していた。オルデランは、独自のオルデラン保安条項を守っていたが、クローン戦争の間も銀河共和国に忠実なままだった。オルデランは難民救済運動に参加し、アンドーやその他の分離主義勢力の惑星の住民で、共和国への残留を望んだために居場所を失った人々を受け入れた。こうした援助活動のため、オルデランは分離主義勢力のグリーヴァス将軍の個人的な攻撃を受け、危うく破壊されるところだった。

ニュー・オーダーの体制が始まり、銀河帝国が誕生した後、オルデランのブレハ・オーガナ女王ベイル・オーガナ総督は、レイア・アミダラ・スカイウォーカーを養女にした。帝国はオルデランのジェダイ・プラキシウムを厳しく弾圧したが、数名の学生が脱出に成功した。それから間もなく、カーマス皇帝パルパティーンによって破壊された後、ジェダイ・ナイトイレニク・イトクラカーマシの生き残りを率いてオルデランへとやって来た。イレニクはカーマシ・レムナントトラスタントかつ、オーガナ家の助言者として仕えるようになった。

銀河大戦

Aldnds3.jpg

オルデランへ迫る初代デス・スター

銀河帝国が形成されてから間もなく、オルデランには反帝国の抗議者たちの避難場所となった。その多くは、故郷に帰るにはあまりに多額の税を払わなければならなくなった、エイリアン種族の難民だった。やがて、オルデランは帝国の増大する抑圧との戦いを望む反乱分子たちの保護地域となり、結局それが惑星の運命を決める一要素となった。

ベイル・オーガナとガーム・ベル・イブリスモン・モスマが正式に共和国再建のための同盟、通称反乱同盟を形成すると、多くのオルデラニアンたちは、クローン戦争の生々しい記憶がまだ残っていたにもかかわらず、このレジスタンス組織に資源や命を提供すると申し出た。同盟軍の初期の戦士たちの多く、そしてその後のリーダーや将校たちの多くはオルデラニアンだった。

クローン戦争の惨事の後、オルデラニアンのフリゲート艦や軽クルーザーは解体され、惑星の兵器は武器庫用宇宙船<アナザー・チャンス>に積み込まれた。この宇宙船は、議会によって呼び戻されるまで、常にハイパースペースを飛び続けるようプログラムされていた。しかし、彼らはこの宇宙船に積んだ武器を使う機会がなかった。

オルデランの破壊

その後

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki