FANDOM


この記事はオルデランの議会を扱っています。 あなたが探しているのは他の最高評議会かもしれません。

オルデラン最高議会(High Council of Alderaan)は、惑星オルデランを統治していた立法機関である。オルデランは立憲君主制だったにも関わらずその民主制で有名であり、最高議会はそれを支える組織だった。オルデランの王室(後年はオーガナ家によって率いられていた)が最高議会に対する直接の支配権を持っていたが、議会そのものはオルデランにおける全ての知的種族の代表機関でもあった。また、オルデランの大臣たちはおそらく最高議会に属していた。

オルデランの王権に就くことになる統治者たちは、微妙で細やかな社会的正義や政治規則に精通していることが求められた。彼らのほとんどは、最高議会と同時に、惑星コルサント銀河元老院でオルデラニアンの代表者を務めていた(しかし、ベイル・アンティリーズ元老院議員のように王家以外の代表者もいた)。

制作の舞台裏

スター・ウォーズ・ユニバースではオルデラン議会スター・ウォーズ・エンサイクロペディアではオルデラ―ン最高議会とされている。

登場作品

  • Star Wars: The Old Republic: Deceived (言及のみ)
  • Graveyard of Alderaan (言及のみ)

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki