FANDOM


「私達はオルデラニアン。怒りには叡智で応え…恐怖には想像力で応え…戦争には希望で応えます。私達一人一人が、等しく重要です」
―レイア・オーガナ[出典]

オルデラニアン(Alderaanian)は惑星オルデラン出身の人間を指す。穏やかな性格と芸術への情熱で知られていた。銀河共和国時代の末期、クイーンブレア・オーガナがオルデランを統治していた。彼女の夫は元老院議員ベイル・オーガナ総督で、プリンセスレイア・オーガナはふたりの養女だった。

歴史

まだ歴史が浅い頃、オルデラニアンは他の文化と同様に兵士を持っていた。しかし、彼らは次第に平和主義的な社会を発展させ、美術や哲学に傾倒した。オルデラニアンは、惜しむことなくその知識を他者に分け与える深い思いやりで知られるようになった。彼らは惑星の自然と調和して生活するよう心掛け、オルデランは曇りのない美しさで有名になった。

長い歴史の中で、数多くのオルデラニアンが故郷を離れて各地にコミュニティを築き、遠く離れた地にオルデランの独特な文化を輸出した。ナブーサラストにもそうしたコミュニティが存在した。銀河内戦の何世代も前、オルデラニアンの一部は、難民や放浪者を進んで受け入れることで知られる惑星エスピリオンに移住した。彼らはそこで赤い肌の原住種族交配し、オルダー=エスピリオンという混血種が誕生した。ヤヴィンの戦いの後、ベオン・ベオネルが混血種族の首長を務めていた。

オルデランが銀河帝国デス・スターバトル・ステーションによって破壊された際、大部分のオルデラニアンが故郷と共に命を落とした。しかし、一部のオルデラニアンは惑星外にいたことで惨劇を免れた。反乱同盟がデス・スターを破壊した後、オルデランのプリンセスレイア・オーガナは同胞を帝国から救うための任務に着手した。

登場作品

参考資料

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。