FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 

オルダー・ビード[2](Aldar Beedo)は最初は傭兵、次にポッドレーサーパイロットになったグリンフィッドの男性。殺し屋として最も多く報奨金を払ってくれる人のために仕事を行ったりもした。彼のポッドレーサーはマンタ・ラムエアー社マークIVフラット=ツイン・ターボジェット

経歴

Aldar Beedo2

マラステアでのオルダー・ビード

オルダー・ビードはタトゥイーンで開催されるブーンタ・イヴ・クラシックのレースより前、フルグリアンの犯罪者ボーズ・ネイルを殺害してその息子キャム・ネイルの恨みを買うことになった。キャムはビードのレーサーを破壊するつもりで自分もイラン・マックと名乗ってレースに出場する。そんな中、ビードはワン・サンデージの依頼を引き受け、この老いたデヴリックが排除を望むセブルバを、クラシックの間追跡することになる。彼は3着にランクインしたが、セブルバのポッドを落とすことはできなかった。ビードはセブルバを追跡しつつ、復讐を望むキャム・ネイルに追跡されていた。結局ビードもネイルも目標を殺すことができなかったが、ビードはセブルバに対して尊敬の意を抱くようになっていた。ワン・サンデージが死ぬと、ビードはセブルバを殺害するために彼を探すことをやめ、事実上のセブルバの新しい護衛になった。セブルバは他のポッドレーサーを脱落させるためお金でビードを使い、ビードもこの仕事で自分のポッドを操縦する腕を高めることができたのである。しかし、ビードはバルーンダファイア・マウンテン・ラリーのレース中にバウンティ・ハンターによって捕らえられてしまう。このハンターとキャム・ネイルとの関係は知られていない。

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki