FANDOM


類似した名称の記事はオリンダの戦い(曖昧さ回避)を参照
「一か月にわたる戦いのあと、新共和国軍はペレオンを押し返したが、オリンダの戦いでは大敗北を喫した。<リーパー>はそこで新共和国軍艦隊の母艦<エンデュアランス>を撃墜し、ウェッジの率いるスターファイター中隊をほぼ全滅させたのである」
ヴォレン・ナル[出典]

オリンダの戦い(Battle of Orinda)は、エンドアの戦い8年後ナタシ・ダーラ提督帝国再編によってインペリアル・レムナントが組織されてから7か後に発生した、銀河内戦の戦いである。ミッド・リム惑星オリンダで、新共和国とレムナントが争い、後者が勝利した。

背景

ギラッド・ペレオン元帥が指揮し、エグゼクター級スター・ドレッドノートリーパー>が旗艦を務める帝国軍艦隊は、オリンダ戦役新共和国惑星をいくつか占拠することに成功した。新共和国は、1か前にインペリアル・レムナントが征服した惑星のひとつ、オリンダへの反撃を試みた。

ペレオンの艦隊と戦うためにオリンダへと派遣されたのは、ウェッジ・アンティリーズ将軍と、彼の旗艦であるエグゼクター級スター・ドレッドノート<ルサンキア>によって率いられた新共和国艦隊だった。

戦闘

オリンダの戦いは、エグゼクター級スター・ドレッドノート同士が争った数少ない戦闘のひとつである。

テレン・ログリス提督率いるスター・ドレッドノートの<ドミニオン>と、他6隻のイモビライザー418クルーザーが到着したことで、戦いの流れはインペリアル・レムナントに有利となった。新共和国の母艦エンデュアランス>のアレタ・ベル提督は、できるだけ長くスターファイターの出撃を遅らせようとしたが、これは裏目に出た。帝国の援軍と<リーパー>は、搭載されている全てのスターファイターもろとも、<エンデュアランス>を迅速に撃沈したのである。アンティリーズ将軍は船を放棄する命令を出そうとしたが、戦闘機部隊がインターディクター艦の重力スクリーンに穴を空けると、激しい砲火の中で<ルサンキア>を撤退させた。これ以降、オリンダをレムナントから奪回する試みは行われなかった。

その後

戦いに勝利した後、惑星オリンダはギラッド・ペレオン提督の一時的な本拠地になった。

登場作品

  • Crimson Empire III: Empire Lost 2 (間接的に言及)
  • 嵐の予兆 (初言及)

参考資料

  [Source]

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。