FANDOM


<オリフレイム>(Oriflamme)は、オクタヴィアン・グラント大提督が指揮したインペリアル級スター・デストロイヤー6 ABY銀河帝国から新共和国へと離反した際、グラントはこのスター・デストロイヤーも彼らに引き渡したと思われる。

制作の舞台裏

作家のダニエル・ウォーレスは、もともとスター・ウォーズ インサイダー誌の記事、『帝国の大提督たち』にスター・デストロイヤー<オリフレイム>を登場させるつもりだったが、スター・デストロイヤーについて言及した部分は完成版からカットされることになった。その後、The Official Star Wars Blogに掲載されたブログ記事、『The Imperial Warlords: Despoilers of an Empire』(パルパティーンが死んだ後に台頭した、帝国の軍将たちを紹介する記事)で<オリフレイム>の名が登場した。現実世界において、“Oriflamme”はパリにある サン=ドニ大聖堂 のシンボルである。

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki