FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 
「ジェダイの道を歩むためには、精神的に強くなければならん。それには自制心が必要だ」
―オポー・ランシセス[出典]

オポー・ランシセス(Oppo Rancisis)は惑星シスピアス出身のシスピアシアンで、銀河共和国後期のジェダイ・マスターである。立派な戦術家として知られたランシセスは、シスピアシアン特有の長い人生を平和の探求に費やし、最終的にジェダイ最高評議会のメンバーに迎えられることになった。ナブー危機が発生した時、ランシセスはシス卿の復活を知らされた最初のジェダイのひとりとなった。クローン戦争が勃発すると、彼は共和国グランド・アーミーを率いるジェダイ将軍として銀河系各地の戦場へ出向き、クローン・トルーパーの戦術の調整や助言を行った。コルサントの戦いが発生した頃、ランシセスは評議会メンバーから外れていた。

登場作品

参考資料