Fandom

Wookieepedia

オピー・シー・キラー

9,764このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする
正史版の内容を紹介しています。  レジェンズ版の内容はこちらをクリック。 
「おっきいグーバーフィッシュ! どでかい歯!」
ジャー・ジャー・ビンクス[出典]

オピー・シー・キラー(Opee sea killer)は惑星ナブーの深に潜んだ捕食クリーチャー。口で吸いこんだを体の後ろの小さな穴から吹き出し、ジェット・エンジンのように水中を突き進んだ。固い殻を持つオピーは頭部の触角で獲物をおびき寄せ、長い舌を使って口内に引きずり込んだ。オピーはスケールフィッシュを捕食し、グンガンの乗り物を襲うこともあった。

生態と特徴

Opee attack.png

ボンゴを舌で捕まえるオピー

オピー・シー・キラーは惑星ナブーの深、“ナブー・アビス”に生息した捕食クリーチャーである。進化の末、オピーはさまざまな動物の特徴を備えたユニークな水生生物になった。彼らの殻と脚は甲殻類に似ていたが、大きく開く顎は魚類そのものだった。静かなハンターだったオピーは深海の岩にくっついて身を隠し、獲物を待ち伏せした。オピーの平均体長は20メートルで、体は赤みがかったオレンジだった。[4] オピーは頭部に生えた2本のルアー(誘引器官)で獲物をおびき寄せ、長い粘着性の舌を使って口内に引きずり込んだ。オピーの口にはギザギザな歯が2列に並んで生えていた。オピーは攻撃的でかつ粘り強く、自分たちよりも大きな捕食動物も恐れなかった。[5] オピーはナブーの海に住むスケールフィッシュを捕食し、グンガンの乗り物を攻撃することもあった。[3]

オピー・シー・キラーは口から吸いこんだ水を体の後ろの小さな穴から噴き出し、ジェット・エンジンのように海中を突き進んだ。オスのオピーはつがいのメスが生んだ卵を口の中に入れ、3か月ほど過ごした。子どもが生まれるまでの間、オピーは何も食べることができなかった。また、若いオピーはコロ・クロー・フィッシュに食べられることがあったが、胃を食い破って出てくることができた。[3] オピーの固い殻を噛み砕くことができるのはサンド・アクア・モンスターだけだった。[5]

歴史

「上には上がいる」
―オピーがサンド・アクア・モンスターに食われたのを見て、クワイ=ガン・ジン[出典]

ナブーの原住民であるグンガンは、トライバブル・ボンゴで惑星の海を航行する際、オピー・シー・キラーが生息しているルートを避けるよう心掛けていた。[5] 32 BBYナブー危機のさなか、ボンゴに乗ってナブー・アビスを航行したクワイ=ガン・ジンオビ=ワン・ケノービジャー・ジャー・ビンクスは、首都シードへ向かう途中でオピーに襲われた。オピーはボンゴに噛み付いたが、背後から現れたサンド・アクア・モンスターがオピーを捕食したため、3人は辛くも難を逃れた。[2]

13 BBY、惑星ラムー農場で生活していた幼少期のジン・アーソは、“オピー・オピー”という名のオピー・シー・キラーのおもちゃを所有していた。[6]

登場作品

Opee Sea Killer SWE front.png

正面から見たオピー

参考資料

脚注

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki