FANDOM


Queicon

この記事のタイトルはあくまで仮の名称です。

正式名称が不明なため、記事名に仮のタイトルが充てられています。

「ああところで、これが必要でしょう?」
コーディ[出典]

22 BBYジェダイ・マスターに昇格した後、オビ=ワン・ケノービ3本目のライトセーバーを作成した。パダワン時代に使っていた最初のセーバーや、ジェダイ・ナイトだった頃に使った2本目のセーバーと同様、この武器も青いプラズマの刃を放出した。ケノービはこのライトセーバーでクローン戦争を戦い抜き、デス・スターで命を落とすまで使い続けた。[1]

特徴

他のジェダイライトセーバーと同様、オビ=ワン・ケノービのセーバーも柄の中にカイバー・クリスタルを内蔵していた。ケノービのライトセーバーの青いブレードの長さは145センチメートル(4フィート9インチ)だった。

歴史

22 BBYジオノーシスの戦いの後、ジェダイ・マスターに昇格したオビ=ワン・ケノービは、自身にとって3本目となるライトセーバーを作成した。クローン戦争中、彼はこの武器を使ってアサージ・ヴェントレスグリーヴァス将軍プレ・ヴィズラダース・モールドゥークー伯爵といった数々の敵とライトセーバー・デュエルを繰り広げた。戦争終結時には、ダークサイドに転向したかつてのパダワンダース・ヴェイダーをこのライトセーバーで破った

銀河帝国誕生後、ケノービは惑星タトゥイーンで隠遁生活を送ったが、ライトセーバーは捨てずに保管していた。0 BBY、ヴェイダーの息子ルーク・スカイウォーカーとともにモス・アイズリー宇宙港カンティーナを訪れた際、ケノービはルークを犯罪者ポンダ・バーバドクターコーネリアス・エヴァザンから救うためライトセーバーを起動し、バーバの腕を切り落とした。その後、ケノービはデス・スターで再びヴェイダーと相対する。彼はこの対決でみずから命を投げ出し、ヴェイダーのライトセーバーに切り裂かれてフォースとひとつになった。

登場エピソード

参考資料

Masterobiwan

ライトセーバーを起動したケノービ

関連項目

脚注