FANDOM


「奴らは腹黒の嘘つきだ。そして何より問題なのは、愚かなことだ」
―ドゥークー伯爵[出典]

オナカー・ギャング(Ohnaka Gang)はクローン戦争期にアウター・リム・テリトリー惑星フローラムを拠点に活動した海賊グループである。メンバーは主にウィークウェイ種族ギャングから成り、ウィークウェイ海賊団(Weequay pirates)とも呼ばれた。ホンドー・オナカーによって率いられたこの海賊団は、辺境領域の通商航路を荒らして回り、略奪や身代金目当ての誘拐を働いた。オナカー・ギャングは無益なクローン戦争から中立を保っていたが、独立星系連合国家主席ドゥークー伯爵ジェダイ将軍アナキン・スカイウォーカーオビ=ワン・ケノービらを捕まえて身代金を要求するなど、戦争の流れを左右しかねない大きな悪事をやってのけた。銀河帝国創設後、海賊団は崩壊し、仲間を失ったオナカーは1人で活動を続けた。

ビークル

地上ビークル

スターシップ

登場作品

Ohnaka pirate gang

ホンドー・オナカーと海賊たち

参考資料

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。