FANDOM


「こいつは手ごわいぜ ルーク」
―カム・ソルサー[出典]

オッサスの小戦闘(Skirmish on Ossus)は、10 ABY惑星オッサスで発生した戦いである。地元のイサナ一族と手を組んだジェダイ・ナイトルーク・スカイウォーカーカム・ソルサーが、エグゼクターセドリス・QL率いる銀河帝国の勢力と戦った。ダークサイドの達人ヴィル・ゴアが倒され、追い詰められたセドリスは、ジェム・イサナを人質にとった。しかしセドリスは、永い眠りから目を覚ました古代のジェダイ・マスターウード・ブナーによって滅ぼされた。この出来事の後、スカイウォーカーは新世代のジェダイのために、ジェムとレイフ・イサナをオッサスから連れ帰った。

歴史

オッサスへの旅

「たしかに感じることができる かつてジェダイが繁栄し そして偉大だったことを」
―オッサスに到着したルーク・スカイウォーカー[出典]
Probe Ossus

プローブ・ドロイドと遭遇するスカイウォーカー

10 ABY、復活した皇帝パルパティーン率いる銀河帝国は、新共和国に対してシャドウ・ハンド作戦を展開した。このジェダイ・ナイトルーク・スカイウォーカーに、新しくカム・ソルサーというジェダイの仲間が加わった。レイア・オーガナ・ソロが皇帝から手に入れたボド・バスホロクロンの指示に従い、スカイウォーカーとソルサーは、ジェダイの惑星オッサスへと向かった。オッサスは、3,996 BBYシス大戦のさなか、クロン星団の爆発によって荒廃した図書館惑星だった。スカイウォーカーたちの乗る<ジェダイ・エクスプローラー>は、帝国のプローブ・ドロイドによって追跡されていた。

スカイウォーカーとソルサーがオッサスに向かっていることを知ったパルパティーンは、エグゼクターセドリス・QLに彼らを生け捕りにするよう命令した。パルパティーンは、任務に失敗した場合、命はないとセドリスを脅した。一方、プローブ・ドロイドの追跡者に気付きながらも、<ジェダイ・エクスプローラー>はオッサスに着陸した。セドリスはドロイドに退却命令を出していたが、ハイパースペースの電波障害でメッセージがうまく届かず、ドロイドは本来の指令に従ってスカイウォーカーを襲撃した。ソルサーとスカイウォーカーは、ドロイドの自爆装置ブラスターで撃ちぬき、破壊する。ふたりは宇宙船からT-77エクスペリメンタル・エアスピーダーに乗り換え、周辺を見て回った。

イサナとの出会い

「彼らを傷つけるなよ 全員ジェダイになる可能性があるんだ!」
―カム・ソルサーに対し、ルーク・スカイウォーカー[出典]
Ysanna Ossus

イサナとの遭遇

エアスピーダーに乗ったスカイウォーカーとソルサーは、深い渓谷のそこで、に縛り付けられたふたりの若い男女を発見した。彼らは地元の一族、イサナのメンバーで、レイフジェムという名の姉弟だった。ソルサーはタブーと関わり合いになるのを好まなかったが、スカイウォーカーはふたりを解放するため、ライトセーバーを起動した。しかし姉弟は、スカイウォーカーが自分たちを殺そうとしているのだと勘違いした。解放されたレイフとジェムは、知覚に現れたイサナ一族のもとへと駆け戻っていった。チーフオッコー率いるイサナは、コンカッション・ボウでふたりのジェダイを攻撃した。スカイウォーカーとソルサーが、ライトセーバーでやすやすと攻撃を退けると、オッコーは自らフォースを使ってふたりのジェダイに接触する。訪問者がジェダイであることを知ったオッコーは、スカイウォーカーを荒々しく抱擁して歓迎した。

戦闘

「畜生 皇帝を殺したツケを払え!」
―セドリス・QL[出典]
Battle of Ossus 2

セドリスを捕まえるネティのジェダイ・マスター、ウード・ブナー

イサナとジェダイの出会いの直後、インペリアル・ハンタースクルージ・ワン>がオッサスの空に出現した。ダークサイド・エリートヴィル・ゴアとともにオッサスにやってきたセドリスは、フォースのダークサイドの訓練を受けたダークトルーパーを出動させた。イサナの力も借り、スカイウォーカーとソルサーはストームトルーパーを全滅させる。

セドリスとヴィル・ゴアは、大げさに力を誇示しながら、スカイウォーカーとソルサーに近づいて行った。ダークサイドの達人たちはフォースでジェダイの首を絞めたが、スカイウォーカーはホロクロンから防衛手段を習得していた。ジェダイとダーク・ジェダイの戦いは、ライトセーバーでの戦闘に発展した。かつて惑星ヴジュンでゴアの戦い方を目にしていたソルサーは、このダークサイドの達人を一撃で真っ二つにした。スカイウォーカーは、強力なフォースでセドリスを投げ飛ばした。味方を失い、追い詰められたセドリスは、古い樹木を背にしながら、ジェム・イサナを人質にとった。

しかし、彼が背にしていた樹木は、ネティジェダイ・マスターウード・ブナーだった。このマスターは、シス大戦以来、冬眠状態で生き延びていたのだった。ジェダイの存在に反応して目を覚ましたマスター・ブナーは、セドリスを捕まえた。セドリスはダークサイドの力を呼び集めたが、マスター・ブナーは自分が根を下ろす大地から強力なエネルギーを引き出した。エネルギーが炸裂すると、マスター・ブナーはセドリスと共に消滅した。

レイフ・イサナは、ブナーが根を下ろしていた場所から、大量の古代のライトセーバーを発見した。この発見が、ジェダイ・オーダー再建するための予兆とみなしたスカイウォーカーは、チーフ・オッコーを説得し、レイフとジェムをジェダイにするために連れ帰った。

登場作品

参考資料

脚注

  [Source]

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。