FANDOM


「我々はジェダイではない イサナだ」
―オッコー[出典]

オッコー[1]Okko)は人間男性で、オッサスイサナ部族のチーフだった。イサナ一族の歴史の中で最も優れた“魔術師”だった彼は、グレート・オッコー[1]The Great Okko)と呼ばれた。オッコーの祖父はグレート・ジェダイ・ライブラリーを再発見したが、略奪者を恐れ、一族でその秘密を守り続けた。オッコーにはジェムレイフという子供がいた。10 ABY、オッコーはルーク・スカイウォーカーカム・ソルサーと出会う。イサナはスカイウォーカーたちを攻撃したが、ふたりがジェダイであることを知ると、オッコーは彼らを歓迎した。エグゼクターセドリスとの戦いの後、オッコーはジェムとレイフがジェダイの道を歩むことをしぶしぶ認めた。

その後、オッコーとふたりのイサナは、皇帝パルパティーンの手下によって、カーボナイトで捕えられてしまった。パルパティーンは、クローンの遺伝子的腐敗に歯止めをかけるため、イサナを利用する方法を模索していたのである。スカイウォーカーはヴジュンのクローン研究所に連れられ、パルパティーンと戦ったが、オッコーのカーボナイト板が解凍されることはなかった。

登場作品

  • ダーク・エンパイアII (初登場)
  • Dark Empire II(オーディオドラマ版)
  • Empire's End
  • Empire's End(オーディオドラマ版)

参考資料

脚注

  1. 1.0 1.1 カタカナ表記は『ダーク・エンパイアII』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。