FANDOM


「彼はこの星を束ねるお方です。万が一にも陛下の荷を護れなければ、失うのは報酬だけではすみませんぞ」
リゴッソー少佐[出典]

オチュア・ブランク(Otua Blank)は男性ベルーガンで、クローン戦争期に惑星クォーザイトを支配していた領主。ブランクは優れた軍隊を率いる無慈悲な統治者で、ケイジ・ウォリアーと呼ばれる戦士団と敵対していた。

経歴

クローン戦争中、惑星クォーザイトを支配していたオチュア・ブランクはケイジ種族プルーマ・ソーディを花嫁に迎えようとした。ケイジ・ウォリアーによるプルーマ奪還を阻止するため、ブランクは6人の賞金稼ぎを雇って花嫁を運ぶサブトラムを防衛させた。ブランクはに到着した列車を自ら迎え入れ、賞金稼ぎアサージ・ヴェントレスから花嫁が入った荷箱を受け取った。ヴェントレスが賞金を受け取って立ち去った後、ブランクは荷箱を開けたが、その中に入っていたのは猿ぐつわをかまされたボバ・フェットだった。ヴェントレスはブランクを欺き、プルーマをケイジに引き渡すことで、両勢力から報酬を受け取ったのである。

個性と特徴

オチュア・ブランクは惑星クォーザイトの無慈悲な統治者だった。彼は極めて強欲で、体はでっぷりと肥えていた。彼は私利私欲を何よりも優先し、プルーマが結婚を嫌がっていることを気にも留めていなかった。ブランクは花嫁の意思に興味を持たず、単なる個人的な欲望から彼女を求めていた。

登場エピソード

参考資料

他言語版