FANDOM


オクトゥプタラ・コンバット・トライ=ドロイド(Octuptarra combat tri-droid)、別名マグナ・トライ=ドロイド(Magna tri-droid)はテクノ・ユニオンが製造したバトル・ドロイドである。クローン戦争独立星系連合が使用した。

特徴

テクノ・ユニオンが製造したオクトゥプタラ・コンバット・トライ=ドロイドは、球体の頭部をクモのような3本脚が支える背の高いバトル・ドロイドである。大きな頭部には操作用ソフトウェアとセンサー機器が内蔵されていた。3つのフォトリセプター(光受容装置)とレーザー砲が頭部の下に等間隔で設置され、頭部を回転させることであらゆる方向を同時に見ることが可能だった。オクトゥプタラ・ドロイドは全方向へ動き出すことができたが、移動が遅く躓きやすいという欠点があった。クローン戦争中、テクノ・ユニオンはさまざまなサイズのオクトゥプタラ・ドロイドを製造した。[1]

歴史

オクトゥプタラ・コンバット・トライ=ドロイドは銀河共和国の衰退期にテクノ・ユニオンによって製造された。クローン戦争が始まると、テクノ・ユニオンも参加した分離主義勢力ドロイド軍の一員になった。クローン戦争中、さまざまなサイズのオクトゥプタラ・ドロイドが製造され、中には共和国グランド・アーミーの重武装したAT-TEと戦えるほど巨大なものもあった。

登場エピソード

参考資料

脚注

独立星系連合
指導者 ダース・シディアス - ドゥークー伯爵国家主席) - グリーヴァス将軍ドロイド軍最高司令官
分離主義評議会 ヴァイスロイヌート・ガンレイ - ルーン・ハーコ - ポグル・ザ・レッサー大公 - エマーワット・タンバー監督者 - サン・ヒル会長 - パッセル・アージェンテ監督官 - シュ・マーイ会頭 - ポ・ヌードー - ティッケス元老院議員
分離主義元老院 ヴォー・アテル - バイ・ブラス - ミーナ・ボンテリ - アミータ・フォンティ - カーチ・クシ - ベック・ラワイズ - パン・リンバウド
主な参加勢力 トレード・フェデレーション - テクノ・ユニオン - バクトイド・アーマー・ワークショップ社 - インターギャラクティック銀行グループ - コマース・ギルド - コーポレート・アライアンス - クオレン孤立主義同盟 - リテイル・コーカス
関連用語 シャドウフィード - 分離主義危機
連合軍
組織 分離主義勢力ドロイド軍 - 分離主義勢力宇宙軍 - アンバラン民兵 - オンダロン近衛兵
バトル・ドロイド B1型ロケット - グラップル - ファイアファイター) - B2型B2-HA - B2-RP - ロケット・トルーパー - グラップル) - OOM型コマンド - セキュリティ - パイロット) - ドロイデカシャープシューター) - アクア・ドロイド - オクトゥプタラ・ドロイド - クラブ・ドロイド - デモリッション・ドロイド - ドロイド・コマンドー - ドワーフ・スパイダー・ドロイド - ドロイド・ガンシップ - バズ・ドロイド - ヘイルファイア級ドロイド・タンク - ホーミング・スパイダー・ドロイド - マグナガード - LR-57 - SD-K4
ビークル AAT - DDT - スーパー・タンク - MTT - NR-N99 - STAP - プロヴィデンス級 - ミュニファスント級 - レキューザント級 - ルクレハルク級 - サブジュゲーター級 - プンウォーカ116級 - トライデント級 - シーシピード級 - C-9979着陸船 - 分離主義勢力補給船 - ドロイド・トライ=ファイター - ヴァルチャー・ファイター - ハイエナ級ボマー - ローグ級スターファイター
[テンプレート]