FANDOM


オクトゥプタラ・コンバット・トライ=ドロイド(Octuptarra combat tri-droid)、別名マグナ・トライ=ドロイド(Magna tri-droid)はテクノ・ユニオンが製造したバトル・ドロイドである。クローン戦争独立星系連合が使用した。

特徴

テクノ・ユニオンが製造したオクトゥプタラ・コンバット・トライ=ドロイドは、球体の頭部をクモのような3本脚が支える背の高いバトル・ドロイドである。大きな頭部には操作用ソフトウェアとセンサー機器が内蔵されていた。3つのフォトリセプター(光受容装置)とレーザー砲が頭部の下に等間隔で設置され、頭部を回転させることであらゆる方向を同時に見ることが可能だった。オクトゥプタラ・ドロイドは全方向へ動き出すことができたが、移動が遅く躓きやすいという欠点があった。クローン戦争中、テクノ・ユニオンはさまざまなサイズのオクトゥプタラ・ドロイドを製造した。[1]

歴史

オクトゥプタラ・コンバット・トライ=ドロイドは銀河共和国の衰退期にテクノ・ユニオンによって製造された。クローン戦争が始まると、テクノ・ユニオンも参加した分離主義勢力ドロイド軍の一員になった。クローン戦争中、さまざまなサイズのオクトゥプタラ・ドロイドが製造され、中には共和国グランド・アーミーの重武装したAT-TEと戦えるほど巨大なものもあった。

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。