FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 

エージェン・コーラー(Agen Kolar)は惑星コルサント出身のザブラクで、銀河共和国時代末期のジェダイ・マスタークローン戦争中、コーラーはジェダイ最高評議会のメンバーを務め、優れたライトセーバーの使い手として知られた。分離主義危機の時代、コーラーはメイス・ウィンドゥ率いるジェダイのチームに加わり、惑星ジオノーシス独立星系連合バトル・ドロイド軍団と戦った。コーラーは処刑アリーナの死闘を生き延びたが、若きパダワンを失ってしまった。

コルサントの戦いの後、銀河元老院を率いるシーヴ・パルパティーンの正体がシスの暗黒卿だったことが発覚した。暗黒卿を逮捕するため、コーラーは同じく評議会メンバーのウィンドゥ、キット・フィストーサシー・ティンらと共に議長のオフィスに押しかけた。パルパティーンは本性を現してジェダイに襲い掛かり、ウィンドゥを除く3人のマスターをライトセーバーの早業で切り殺した。

登場エピソード

参考資料