FANDOM


「警戒を怠らないためにも訓練は欠かせないのだ、ルーア情報部員。反乱軍を阻止するためにここにおる以上、備えに抜かりがあってはならぬ」
キルタン・ルーアに対し、エヴィール・デリコート[出典]

エヴィール・デリコート[1](Evir Derricote)は、銀河帝国に仕えた人間男性である。何百万というエイリアンをもたらした生物兵器エンペラーズ・プレイグクライトス・ウイルスをつくったことで有名だった。優れた軍事戦略家かつ科学者だったデリコートは、第181帝国ファイター・ウイングの指揮官だった。0 ABYスーンティア・フェルが入隊するまで、彼の率いる部隊は帝国で最も出来の悪いTIEパイロット中隊として知られていた。3 ABYデラIVの戦いでの活動を認められ、デリコートは将軍に昇格し、ボーレイアスの帝国前哨基地の指揮権を与えられた。デリコートがこの役目を引き受ける前に、皇帝パルパティーンは、特定種族に対し効果を発揮するウイルスを開発するよう、彼に命じた。そのひとつとして開発されたエンペラーズ・プレイグは、デリコートの死後20が経った後、反人間組織の大同盟によって利用されそうになった。

ボーレイアスで、デリコートは横領した帝国の資金を使い、廃棄されたオルデラン・バイオテックス社の施設を再開させ、私腹を肥やしていた。しかし彼は惑星に秘密の防衛手段を設置し、第一次ボーレイアスの戦い新共和国に対して勝利を収めた。帝国を率いるイセイン・アイサードは、エイリアンだけに効果を出すクライトス・ウイルスの開発をデリコートに依頼した。彼女はウイルスを利用して新共和国の人間と非人間を対立させ、反乱運動を壊滅させようと企んでいた。しかしウイルスは期待されていた効力を発揮せず、アイサードはデリコートをエグゼクター級スター・ドレッドノートルサンキア>の秘密刑務所に投獄した。彼はそこで、同じく投獄されたローグ中隊パイロットコラン・ホーンによって殺害された。

経歴

Wiki-shrinkable このキャラクター記事は書きかけです。是非記事を編集してください。

登場作品

スター・ウォーズ・エンサイクロペディア』では、エヴァー・デリコートの表記が使われている。

登場作品

Wiki-shrinkable
ウーキーペディアにはエヴィール・デリコートに関する1枚の画像があります。

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。