FANDOM


エヴァーン・ヴァーレーン(Evaan Verlaine)は人間女性で、銀河内戦中に共和国再建のための同盟に仕えたパイロットである。惑星オルデラン出身のヴァーレーンは、クイーンブレハ・オーガナから教育を受けた数少ないオルデラニアンのひとりだった。彼女は故郷を治めるオーガナ家に深い敬意を抱いていた。王家に献身的だったヴァーレーンは、故郷の指導者たちに倣い、反乱同盟軍に加わってパイロットになった。

銀河帝国の深宇宙機動性バトル・ステーションデス・スターがオルデランを破壊した後、ヴァーレーンは帝国軍がオルデラニアンの生存者を狩り出しているという噂を耳にした。ヤヴィンの戦いでデス・スターが破壊された後、ヴァーレーンは反乱軍のプリンセスレイア・オーガナに忠誠を誓った。オルデラニアンの難民を帝国から救う任務のため、ふたりは反乱軍の指導者の制止を振り切ってヤヴィン4基地から旅立った。ふたりは手始めに惑星ナブーへ向かい、そこでオルデラニアンの小規模なグループを発見した。ヴァーレーンたちは彼らに故郷が破壊されたことを伝え、続いて惑星サラストへ向かった。

登場作品

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。