FANDOM


《多勢に無勢だぞ、レーザーブレード》
アナキン・スカイウォーカーに対し、エンボ[出典]

エンボ(Embo)は惑星ファトロング出身のキューゾ男性で、クローン戦争期に活躍した賞金稼ぎ。無口な腕利きとして知られるエンボは、緊急時には盾としても使えるウォー・ヘルメットをかぶり、ボウキャスターを愛用した。彼はフリーランスのハンターで、しばしば他の賞金稼ぎとチームを組んで仕事を遂行した。また、エンボはマーロックという名のアヌーバを飼い、忠実な相棒として任務に連れていくことがあった。銀河共和国末期、エンボは賞金獲得数のランキングでキャド・ベインに次いで第2位に輝いた。

クローン戦争中、エンボはザブラクスギ率いる賞金稼ぎチームに加わり、惑星フェルーシアで地元の農村の用心棒を引き受けた。彼らは偶然この星を訪れたジェダイオビ=ワン・ケノービアナキン・スカイウォーカーアソーカ・タノらと力を合わせ、フェルーシアンの村をホンドー・オナカーギャングから守り抜く。その後、エンボはドゥークー伯爵が主催した“ボックス”のコンテストを勝ち抜き、高額の任務に参加する権利を手に入れた。エンボと賞金稼ぎの精鋭たちはドゥークーの指示で惑星ナブーへ赴き、銀河共和国最高議長シーヴ・パルパティーンの誘拐を試みる。しかしこの計画は失敗に終わり、賞金稼ぎたちはジェダイに捕らえられた。

再び自由の身になったエンボはハット・クランに雇われ、デンガーラッツ・ラジィとともに惑星ナル・ハッタ大評議会の護衛を務めた。シス卿ダース・モールサヴァージ・オプレスマンダロリアンプレ・ヴィズラがハットの宮殿を襲撃した際、エンボは犯罪王を守るために戦ったが、形勢不利とみて退却した。その後、彼はシスの暗黒卿ダース・シディアスに雇われてスキピオへ旅し、インターギャラクティック銀行グループの交渉人であるラッシュ・クローヴィスパドメ・アミダラ元老院議員を攻撃する。彼は与えられた指示通りクローヴィスたちを逃がし、暗黒卿の依頼を完遂する。戦争終盤、エンボはボバ・フェットシンジケートに加わり、アサージ・ヴェントレスのために惑星セレノーでドゥークーや分離主義勢力と戦った。

登場作品

参考資料

脚注

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。