FANDOM


この記事は種族を扱っています。 あなたが探しているのは海賊かもしれません。
「天使だよ。深宇宙パイロットたちが話してるのを聞いたんだ。宇宙で一番美しい生き物なんだってさ。住んでるのはアイエゴの月だと思うな」
パドメ・アミダラに対し、アナキン・スカイウォーカー[出典]

エンジェル天使(Angel)は輝く白い肌を持ち、黄色のオーラを身にまとった神秘的な知覚種族である。惑星アイエゴ1,000の月のひとつ、ミリアス・プライムに住んでいた。エンジェルは背が高いヒューマノイドで、6枚の翼を持ち、容姿は美しかった。エンジェルは宇宙でもっとも美しい生き物と評判で、銀河系の至るところで伝説的な存在になっており、その美貌にまつわる物語は深宇宙パイロットによってコア・ワールドから遥かアウター・リムまで語り伝えられていた。

32 BBY、惑星タトゥイーンに住んでいた奴隷アナキン・スカイウォーカーは、将来の結婚相手であるパドメ・アミダラと初めて出会ったとき、彼女こそ伝説のエンジェルなのではないかと考えた。

クローン戦争中、独立星系連合がアイエゴ星系にやってきたとき、エンジェルは故郷ミリアス・プライムを追い出されてアイエゴへ避難した。21 BBYジェダイオビ=ワン・ケノービとアナキン・スカイウォーカーが連合のレーザーウェブ防衛ステーション破壊し、アイエゴに閉じこめられていた住民やエンジェルたちを救った。

登場エピソード

参考資料

他言語版