FANDOM


エレクトロスタッフ(Electrostaff)、別名エレクトロポール(Electropole)は銀河共和国の衰退期にホロワン・メカニカルズ社が製造した棒状の接近戦武器である。クローン戦争中に独立星系連合IG-100マグナガードが使用し、銀河内戦時代には銀河帝国暴動鎮圧トルーパー重装トルーパーも携帯していた。

特徴

ホロワン・メカニカルズ社製のエレクトロスタッフはライトセーバーと戦うこともできた接近戦用の棒状武器である。エネルギーを伝導する素材で作られ、両端部分の電磁モジュールに蔓状のエネルギーを発生させた。電磁モジュールの威力は、敵を衰弱させる程度のレベルから致死レベルまで調整することが可能だった。エレクトロスタッフの攻撃は、大半の有機生命体の行動を封じることができた。[1]

歴史

独立星系連合IG-100マグナガードはエレクトロスタッフを装備していた。マグナガードは円形の軌道が見えるほど高速でエレクトロスタッフを回転させることができた。[1]

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版