FANDOM


「彼らには他にない才能がある。私には分かる」
ドミノ分隊について、エル=レス[出典]

エル=レス(El-Les)はアルコーナ男性で、クローン戦争期に活動した賞金稼ぎ。彼はカミーノアンクローン・トルーパーの教官として雇われ、シニティーンブリックとともに惑星カミーノクローン候補生を訓練していた。

経歴

クローン戦争中、賞金稼ぎエル=レスはワイルド・スペース惑星カミーノクローン・トルーパーの戦闘教官を務めていた。ティポカ・シティ軍事複合施設ドミノ分隊シミュレーション・テストを見守っていた時、エル=レスとブリック教官はジェダイ・マスターシャアク・ティから意見を求められた。ブリックはドミノ分隊を酷評し、戦場より整備部門に回したほうが良いと答えた。しかしドミノ分隊の才能を評価していたエル=レスは、落第と決めつけるのは早いのではないかと反論する。その後ドミノ分隊は最終テストに落ちたが、エル=レスは彼らに追試のチャンスを与えるようシャアク・ティに進言した。ドミノ分隊はこれまでの失敗を反省し、ブリックが課したハンディキャップも乗り越え、追試に無事合格した。

個性と特徴

「彼らのミスは我々のミス。シャアク・ティ将軍に直訴してドミノ分隊に追試の機会を与えてもらおう」
―エル=レスとブリック[出典]

エル=レスはアルコーナ種族の男性で、緑の肌に紫色の目を持っていた。彼は賞金稼ぎとしての仕事に責任を持ち、報酬を受け取った以上、与えられた役目を全うするのは当然のことと考えていた。ジェダイのシャアク・ティやブリック教官とは異なり、エル=レスはドミノ分隊の才能を高く評価していた。

登場エピソード

参考資料

他言語版