FANDOM


「わたしはこの、ロー=キンターという男のことをずっと考えていました。彼は元老院議員で、われわれの共和国の中心にいます。なのに、彼は共和国を裏切りました。彼のような人は、あとどれくらいいるのでしょう。どれくらいの人が、ファースト・オーダーのために働き、われわれを売りわたしているのでしょう」
ポー・ダメロン[出典]

エルード・ロー=キンター(Erudo Ro-Kiintor)はエンドアの戦いの30後に新共和国銀河元老院ヘヴリオンを代表していた元老院議員。彼はファースト・オーダーと内通しており、オーダーに対する制裁措置を遅らせたり、新共和国防衛艦隊への援助の動きを妨害するなど、不正を働いていた。彼はコーポレート・セクター・オーソリティの紹介による第三者の企業を通して大金を受け取っていた。レイア・オーガナ将軍率いるレジスタンスは、ロー=キンター議員の不正の証拠をつかむため、サーベルの一撃作戦を遂行した。ロー=キンターは個人用ヨットヘヴリオン・グレース>を強奪された。

登場作品

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。