FANDOM


エルク・ヴェター(Elke Vetter)は人間女性で、フェル帝国に仕えたインペリアル・ナイトシス=帝国戦争の最後に、シスの暗黒卿ダース・クレイト銀河皇帝ローン・フェルから皇位を強奪する以前から、帝国に仕えていた。その後の戦争において、ヴェターは皇帝フェルの娘、プリンセスマラーシア・フェルボディガードを務めた。プリンセスは、皇帝フェルに忠実な帝国軍将校を探すため、特使として働いていた。ヴェターはボディガードとしてだけでなく、プリンセス・フェルの師、そして友人として、インペリアル・ナイトの道を彼女に教えていた。

137 ABY、ヴェターとプリンセス・フェルは、ダース・クレイトのハンドに任命されたばかりのシス卿ダース・タロンに、惑星ソッコーロで待ち伏せされた。プリンセスが帝国伝道団テンプルに隠れる間、ヴェターは脱出の時間を稼ぐため、タロンと戦ったが、敗北してしまう。このトワイレックシスは、フォースを使ってヴェターを尋問し、重要な情報を手に入れた。その後、タロンはフォース・ライトニングでヴェターを殺害した。

経歴

人間女性、エルク・ヴェターは、シスの暗黒卿ダース・クレイト皇帝ローン・フェル失脚させるよりも前から、シス=帝国戦争中にフェル帝国に仕えたインペリアル・ナイトである。シス=帝国戦争後に発生した第二次帝国内戦で、ヴェターはフェルの娘プリンセスマラーシア・フェルボディガードを務めた。プリンセス・フェルは、皇帝フェルに忠実な帝国軍将校を発見するため、父の特使として各地の惑星への潜入任務を行っていた。ヴェターは単なるボディガードとしてだけでなく、プリンセスのかつ友人として、彼女にインペリアル・ナイトとしての道を教えていた。

137 ABY、ヴェターとマラーシア、そしてトワイレック帝国伝道団メンバー、アストラル・ヴァオは、惑星ソッコーロへと潜入した。クレイトは、シス卿のひとりで、最も優秀な部下であるダース・タロンに、亡命帝国のローン・フェルを見つけ出し、暗殺する任務を与えた。トワイレックのタロンは、クレイトのハンドに昇格したばかりだった。プリンセス・フェルを餌に使って皇帝フェルを見つける計画を立てたタロンは、プリンセスが帝国伝道団のテンプルに身を隠している、惑星ソッコーロへと赴いた。惑星に到着したタロンは、テンプルを破壊して火を放った。しかしヴェターは、シスがプリンセス・フェルに近づくことを阻止し、プリンセスとアストラル・ヴァオが逃げる時間を稼ぐために、ライトセーバーを使ってタロンと戦った

VetterTalon

タロンと戦うヴェター

タロンはライトセーバーでヴェターの左腕を切断し、右足を突き刺さした。ヴェターは蹴り飛ばされ、対決は彼女の敗北に終わった。ヴェターは、自分がんだとしてもプリンセスは逃げ切るだろうとタロンに語った。タロンはフォースを使ってヴェターを尋問し、彼女の頭脳から情報を読み取った。タロンは、マラーシアが父親のもとへ向かうか、皇帝フェルがマラーシアを救うためにやってくるまで待ち、ふたりがそろった後で父娘を一度に殺すことに決めた。ヴェターを生かしておく意味はないと判断したタロンは、フォース・ライトニングを使ってこのインペリアル・ナイトを殺害した。

逃げる途中、マラーシア・フェルはフォースを通してヴェターの死を感じ取り、復讐を誓った。ヴァオはプリンセスにヴェターの犠牲を無駄にしないよう言い、自分たちの義務は生き延びることだと説得した。ふたりはソッコーロから惑星ヴェンダクサへと逃げ去った。

個性と特徴

インペリアル・ナイトとして、エルク・ヴェターは皇帝ローン・フェル(彼女はフェルこそが真の皇帝だと考えていた)に忠誠を誓っていた。彼女は皇帝に仕えるため人生を生き、自らを犠牲にする意志もあった。ソッコーロのテンプルでタロンに待ち伏せされたとき、ヴェターはプリンセス・マラーシア・フェルの脱出を確かなものにするため、自分自身を犠牲にした。これは、ヴェターの最後の活躍になった。タロンに尋問された際、ヴェターはシスに抗うことが出来ず、意志を破られ情報を聞き出されてしまった。この情報は、タロンのローン・フェル暗殺計画に利用される。

力と能力

インペリアル・ナイトに属したエルク・ヴェターは、フォース感応能力を持ち、ライトセーバー戦闘の訓練を受けていた。彼女は戦闘において、インペリアル・ナイトたちが一般的に使用する銀色のブレードのライトセーバーを使用していた。しかし、彼女のライトセーバー戦の知識もダース・タロンには敵わず、対決の結果敗北してしまった。

制作の舞台裏

エルク・ヴェターはスター・ウォーズコミック・ブックシリーズ、『Legacy』の『Broken, Part 2』において初登場を果たした。彼女が登場する作品はいずれも未邦訳である。

登場作品

  • Star Wars: Legacy 2: Broken, Part 2 (初登場)
  • Star Wars: Legacy 3: Broken, Part 3 (言及のみ)
  • Star Wars: Legacy 5: Broken, Part 4 (言及のみ)

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。