FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 

イライヘック・ルー(Elyhek Rue)は人間男性で、反乱同盟レッド中隊に所属したパイロットである。

経歴

0 BBY当時、イライヘック・ルーは衛星ヤヴィン4にあるベース・ワンに配属されていた。ヤヴィンの戦いの直前、ルーは他の反乱軍パイロットと一緒にジャン・ドドンナ将軍によるブリーフィングに出席した。[1]

制作の舞台裏

イライヘック・ルーは映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』に登場したキャラクターである。俳優はマイケル・ミルズ

スター・ウォーズ レジェンズの設定では、ルーはレッド7としてヤヴィンの戦いに参加したことになっている。しかし正史設定では矛盾がみられ、アンソロジー『ある視点から見た物語』収録の短編『地上組』ではルーがレッド7としてスカリフの戦いヤヴィンの戦いに出撃したと説明されているが、設定資料集『スター・ウォーズ ローグ・ワン アルティメット・ビジュアル・ガイド』ではハーブ・ビンリィスカリフでレッド7を担当したことになっている。さらに短編『出撃者名簿』では、ヤヴィンでレッド7を務めたのもビンリィになっており、ルーは戦闘中も基地で待機している。

登場エピソード

脚注

他言語版