FANDOM


<エラヴァナ>(Eravana)はハン・ソロチューバッカ密輸船として使用したコレリアン・エンジニアリング社バリーン級重貨物船である。<ミレニアム・ファルコン>を失った後、ソロとチューバッカはこの大型貨物船で密輸を行うようになり、銀河系を股にかけて活動した。エンドアの戦いの30標準年後、ふたりは<ファルコン>を再発見し、<エラヴァナ>を放棄する。

特徴

バリーン級重貨物船<エラヴァナ>は大量の貨物を毎日のように運搬することができる大型貨物船だった。バリーン級重貨物船は商業に必要不可欠な宇宙船だった。軌道造船所で建造されたこの貨物船惑星大気圏内に入るようには作られておらず、貨物を積み下ろしする際は宇宙ステーションや機動式作業場にドッキングした。

歴史

Blue Glass Arrow 詳細はエラヴァナの戦闘を参照

エンドアの戦いの30後、ハン・ソロチューバッカの操縦する<エラヴァナ>はプラーナのために猛獣ラスターを運んだ。ラスターを運搬中、ソロはかつて使用していたYT-1300軽貨物船ミレニアム・ファルコン>を再発見し、トラクター・ビームを使って<エラヴァナ>の格納庫内に収容した。<ファルコン>に乗り込んでいたのは、惑星ジャクー廃品回収業者レイファースト・オーダーの脱走兵フィンレジスタンスアストロメク・ドロイドBB-8だった。彼らと話し合っている途中、ソロに貸しのあるギャングたちが<エラヴァナ>に乗り込んできた。

Han Solo confronted by gangs

<エラヴァナ>に乗り込んだギャングたち

ソロとチューバッカは、バラ=ティク率いるグアヴィアン・デス・ギャングタス・リーチ率いるカンジクラブに取り囲まれた。バラ=ティクはソロがファースト・オーダーのお尋ね者であるBBユニットを連れていることに気付いた。今にも銃撃戦が始まろうとしていた時、レイはドアを閉鎖してギャングを締め出そうと思い立ったが、ボタンの操作を誤ってラスターの檻を開けてしまった。大勢のギャングがラスターの犠牲になったが、ソロとチューバッカ、レイ、フィン、BB-8はなんとか格納庫にたどり着き、<ミレニアム・ファルコン>に乗り込んだ。ソロは格納庫内で<ファルコン>をハイパースペースに突入させ、ギャングの追撃を振り切った。その後、バラ=ティクはBB-8がハン・ソロと行動を共にしていることをファースト・オーダーに通報するよう、部下に指示した。

登場作品

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。