FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 

エラン・スリーズバガーノ(Elan Sleazebaggano)はバロサー男性であり、クローン戦争が始まる前の分離主義運動のころ、惑星コルサントデス・スティックのディーラーをしていた。

経歴

ジオノーシスの戦いが起きる直前、惑星コルサントにいたエラン・スリーズバガーノは、アウトランダー・クラブジェダイ・ナイトオビ=ワン・ケノービデス・スティックを売りつけようとする。しかしジェダイマインド・トリックにかけられ、デス・スティックを売る代わりに家に帰って人生を考え直すよう諭された。[1]

制作の舞台裏

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』においてスリーズバガーノを演じたのはマット・ドーランである。[1]

登場エピソード

脚注