FANDOM


エドリソン・ピーヴィー(Edrison Peavey)は人間男性で、ファースト・オーダー宇宙軍に仕えた将校である。かつては銀河帝国に仕えたベテラン将校であるピーヴィーは、レジスタンスとの戦争の時代にリサージェント級スター・デストロイヤーファイナライザー>の艦長を務めた。

経歴

モーデン・キャナディを始めとするファースト・オーダーの他のベテラン将校たちと同じく、エドリソン・ピーヴィーもかつては銀河帝国軍隊に仕えていた。帝国が敗北した後、ピーヴィーはファースト・オーダー宇宙軍のメンバーになり、アーミテイジ・ハックス将軍旗艦であるリサージェント級スター・デストロイヤーファイナライザー[3]艦長を任された。[1] ピーヴィーはアーミテイジの父親であるブレンドル・ハックスと同世代で、アーミテイジが亡き父親の地位を利用して出世していくのを黙って見守ってきた。[3] 34 ABYレジスタンスとの全面戦争が始まった直後、ピーヴィーはアーミテイジとともにディカー包囲戦とそれに引き続くレジスタンス艦隊への攻撃に参加した。[2] 最高指導者スノークメガ級スター・ドレッドノートスプレマシー>が戦場に到着すると、<ファイナライザー>はこの旗艦を支援する役割に回り、ピーヴィーはハックスから指揮権を任せられた。[3]

個性と特徴

エドリソン・ピーヴィーは白人種の人間男性で、青いを持っていた。[2] ピーヴィーはアーミテイジ・ハックスに対してほとんど敬意を抱いておらず、彼のことを戦術の才能に乏しい尊大な陰謀家とみなしていた。ピーヴィーは<ファイナライザー>に配属されていたためハックスから直接命令を受ける立場にあったが、帝国以来のベテラン将校として指揮系統を尊重し、ハックスに対する軽蔑は口に出さず胸に秘めていた。[1]

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版