FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 
この記事はダース・ヴェイダーの旗艦を扱っています。 あなたが探しているのは他のエグゼクターかもしれません。

<エグゼクター>[1](Executor)はダース・ヴェイダー旗艦として使用された帝国宇宙軍スーパー・スター・デストロイヤーで、エグゼクター級スター・ドレッドノートの最初の1隻。インペリアル級スター・デストロイヤーの後継機として、スターシップエンジニアライラ・ウェセックスによって設計された<エグゼクター>は、全長19,000メートルを誇る当時の銀河系史上最大の軍艦だった。

歴史

ダース・ヴェイダーはこの艦をヤヴィンにおける屈辱を晴らすために使用しようと考えており、乗員には最精鋭が集められていた。反乱軍はこの巨大戦艦を恐れて幾たびか破壊工作を試みたが、いずれも失敗に終わった。だが、皮肉なことにこの戦艦の完成を待って総攻撃を始めることとした帝国軍は、反乱軍首脳部に脱出の機会を与え、ダース・ヴェイダーが提督たちの反感を買う元となってしまう。

完成した<エグゼクター>はデス・スコードロンに所属する5隻のインペリアル級スター・デストロイヤーを率いて銀河をさまよい、反乱軍基地とルーク・スカイウォーカーの探索を行った。初代の艦長はファーマス・ピエット、他にはケンダル・オッゼル提督、マクシミリアン・ヴィアーズ将軍等が乗り込んだ。

出港直後の<エグゼクター>は、ヤヴィンにおける反乱軍の勝利が偶然による成功だったということを銀河に示すため、いくつかの反乱軍基地をたたいている。さらにその後、反乱軍基地を発見し、ホスの戦いにおいて移動司令部としての機能を果たした。他にもべスピン等に出撃し、その実力を見せ付けている。   だが、エンドアの戦いにおいて、この艦は本来の実力や性能を十分に発揮しえず、ついに反乱軍パイロットアーヴェル・クライニッドの特攻に屈した。ブリッジを失って制御不能に陥ったエグゼクターはゆっくりと第2デス・スターに墜落し、爆発したのである。司令艦の喪失により帝国軍の戦意は削がれ、エンドアの戦いにおける完敗を招いた。

Editicon このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

登場作品

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki