FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 

エクレシス・フィグ(Ecclessis Figg)は惑星コレリア出身の貴族で、ガス巨星ベスピンティバナ・ガス採鉱植民地クラウド・シティの創設者。フィグ卿が創設したこの空中都市は、ガス採取施設でもあり贅沢な観光地でもあった。フィグ卿は都市創設に際しアグノート種族3部族の助けを借り、都市が完成した後は彼らの居住を許可して鉱業の利益を分配した。

表記

アルティメット・スター・ウォーズ 完全保存版大百科』ではエレクシス・フィグと誤表記されている個所がある。

参考資料

他言語版