FANDOM


エイル・ディックス[2](Eyl Dix)はヒューマノイド種族のエイリアン男性であり、クローン戦争の時代から銀河帝国の時代にかけて活動していた密輸業者である。彼はジュラが率いる密輸業者団の一員であり、<ドランク・ダンサー>のセキュリティー・チーフだった。オーダー66が発令された後、アーチャーたち<ドランク・ダンサー>の乗組員は、クローン・トルーパーの攻撃を生き延びたジェダイたちとともに行動した。

経歴

アーチャー・ベイルは、6本の指をもつヒューマノイド種族だった。彼女はジュラが率いる密輸業者団の一員であり、しばしば惑星マーカナトワイレックのギャング、キャッシュ・ギャルランのために働いていた。クローン戦争が終結した後、ディックスたちはマーカナでオーダー66を生き延びたジェダイ・マスターローン・シュラインと、パダワンオリー・スターストーンモサックまで運ぶことになった。<ドランク・ダンサー>は、タイオン星団のはずれでふたりのジェダイを乗せたブルディ・ゲインの操縦するクロークシェイプと合流する。ジュラは自分がシュラインの母親であることを告白したが、これはシュラインはおろか、ディックスたち乗組員も知らなかった事実だった。[1]

モサックに向かう途中、スターストーンの提案で、<ドランク・ダンサー>はオーダー66を生き残ったほかのジェダイと連絡を取ろうとした。彼らはデラルトからやってきた別のジェダイのグループとの接触に成功したが、帝国軍と戦うことになってしまう。ARC-170スターファイターの攻撃を逃れた後も、彼らはジャグアダで帝国の危険に遭遇した。それでもより多くのジェダイを救おうと願うスターストーンは、シュラインを除くジェダイ全員と、ジュラの手下フィリ・ビターズとともに、モサックで<ドランク・ダンサー>と別れた。一方、シュラインとジュラたちはキャッシュ・ギャルランから命じられていた仕事を始めた。[1]

ギャルランがジュラたちに与えた仕事は、銀河帝国に反対する元老院議員ファング・ザーを、惑星オルデランから彼の故郷へと連れていくことだった。オルデランに到着した後、ジュラとゲイン、ディックスは<ドランク・ダンサー>に残り、アーチャー・ベイル、シュライン、スケック・ドラグルはザー議員を捜索した。オルデランの島の街オルデラでは、帝国に対するデモ活動が行われていたが、シュラインたちはなんとかザーを発見し、ディックスやジュラの待つ<ドランク・ダンサー>へと向かっていった。しかし、ザーを捕まえるためにオルデランを訪れていたシスの暗黒卿かつ皇帝の右腕、ダース・ヴェイダーが現れる。シュラインがヴェイダーに対処したが、結局ザー議員は殺され、ジュラも傷を負ってしまった。[1]

登場作品

脚注

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 出典:暗黒卿ダース・ヴェイダー
  2. カタカナ表記は『暗黒卿ダース・ヴェイダー』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。