FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 

ウータイ[1](Utai)はアウター・リム・テリトリータラバ宙域に位置する縦穴惑星ウータパウ出身のヒューマノイド種族である。がっしりした体つきで、大きな眼柄を持つウータイは、同じくウターパウの出身種族であるパウアンが惑星を支配することを喜んで受け入れ、故郷の縦穴や洞窟につくられた都市で雑用をこなす労働者の役割を引き受けていた。パウアンと異なりウータイの寿命は短く、“短命のものたち”というあだ名をつけられていた。

生態と特徴

ウータイは一般的に背が低く、丸々とした隊形で、後方に傾斜した髪の毛のない楕円形の頭を持つ、青白い皮膚のヒューマノイド種族である。ウータイの顔からは大きな眼柄が飛び出し、ふたつのどんよりした黒い目を持っていた。小さくすぼんだ口を除き、他に彼らの顔にこれといった特徴はなかった。ウータイは短くて太い4本の手の指と、2本の足指を持っていたが、匠に動かせるのは手だけだった。同じ惑星出身であるパウアンと比べて短命だったウータイは、進んで働くことを選び、夜間の視力を急激に発達させた。生まれつき雑食であるウータイは、生物よりも調理された肉を好み、縦穴の内壁にある洞窟で食べ物を探した。

歴史

Utai-trio

パウ・シティのウータイの労働者

この小柄なヒューマノイド種族は、古代にアウター・リムの惑星ウータパウで進化を遂げた。ウータイは故郷に点在する縦穴の中で、内壁のトンネルや洞窟に住処をつくった。それから長い年月が過ぎた後、ウータパウには極めて強いが吹き荒れ、地表に生命が住む余地がなくなったため、パウアンたちも縦穴の中に避難することになった。ウータイはパウアンと一緒に暮らし、ウータパウの全人口の30パーセントにも満たないパウアンが全ての社会問題においてリードすることを許した。ウータイに風力をもたらしたパウアンは、縦穴の中の社会で政府職を支配し、ウータイを労働階級に追いやった。

ウータパウン社会の中で労働階級についていたウータイだが、酷使されることなく、彼ら自身この階級を好んでいた。彼らは動物と親しく接する能力を生まれつき備えており、多くはヴァラクティルの世話人や、ダクティリオンの調教人として働いていた。ウータイはウータパウン・コミッティーの中で議席を持っておらず、都市宇宙港行政長官が彼らの代表者を務めていた。行政長官はパウアンだったが、基本的にウータイのニーズは満たされていた。

登場作品

Utai NEGAS

ウータイ

参考資料

脚注


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki