FANDOM


ウルフパック(Wolfpack)は共和国グランド・アーミー第104大隊に属したクローン・トルーパー分隊である。第104大隊司令官であるジェダイ将軍プロ・クーンクローン・コマンダーCC-3636(ウォルフ)がこの分隊の指揮官も兼ねた。“オオカミの群れ”を意味する名前の通り、ウルフパックのメンバーはオオカミの紋章が入ったクローン・トルーパー・アーマーを身に着けた。

歴史

Wolfpack Felucia

フェルーシアにて、ウルフパック

共和国グランド・アーミー第104大隊に属すウルフパック分隊22 BBY当時ヴェネター級スター・デストロイヤートライアムファント>を母艦にしていた。この年、ジェダイ将軍プロ・クーン独立星系連合の新型超兵器マレヴォランス>を追跡し、アブレガド星系艦隊戦を繰り広げた。しかしクーンの艦隊はこの戦いで大敗を喫し、スター・デストロイヤーに乗り込んでいた兵士のほとんどが命を落とす。クーンとクローン・コマンダーウォルフはウルフパックの隊員であるシンカーブーストとともに救命ポッドに乗り込み、<トライアムファント>から脱出した。連合軍グリーヴァス将軍は生存者狩りのためポッド=ハンターを送り出したが、クーンとウルフパックの乗るポッドはアナキン・スカイウォーカーアソーカ・タノによって救出された。

21 BBY、クーンとウルフパック部隊のメンバーはアナキン・スカイウォーカーとメイス・ウィンドゥを救出するため惑星ヴァンコア急行した。彼ら2人はボバ・フェット賞金稼ぎの罠にはまり、ヴァンコアに墜落したヴェネター級スター・デストロイヤーエンデュアランス>の中で身動きがとれなくなっていたのである。ウルフパックは<エンデュアランス>のブリッジLAAT/iガンシップで接近し、ウォルフとコメットがスカイウォーカーとウィンドゥを救出した。

20 BBY、クーン率いるウルフパックは惑星ローラ・サユーにいるスカイウォーカー、オビ=ワン・ケノービ、タノ、イーヴン・ピールらを救出するため、ジェダイ将軍キット・フィストーサシー・ティンアディ・ガリアらとともに現地へ向かった。他のジェダイが惑星軌道で分離主義勢力宇宙軍と戦うあいだ、クーンとウルフパック部隊はガンシップで地上に降りた。ピールは不幸にも既に戦死していたが、ウルフパックは残りの生存者を回収することに成功する。

同じ年、ウルフパックはスカイウォーカーやクローン・キャプテンレックス第501軍団とともに第二次フェルーシアの戦いに参加した。彼らはTシリーズ・タクティカル・ドロイドTZ-33が指揮下を務める分離主義勢力の前哨基地を無事に制圧する。ウルフパックのシンカー、コメット、ブーストは基地突入直前までパダワン・タノと行動をともにしたが、彼女は戦闘中にトランドーシャンのハンター・ロ=ターレンにさらわれ、行方不明になってしまった。彼女はウルフパックによる捜索では見つからず、のちに自力でトランドーシャンを倒してコルサントに戻った。

Wolfpack Aleen

アリーンに到着したウルフパック

その後、ウルフパックはクワイルーラ星系に向かう途中で惑星アリーンに立ち寄り、頻発する地震に悩まされていたアリーナの支援活動を行った。シンカーとブーストがメインフレーム・ステーションコンピューター復旧を開始した後、任務に同伴したアストロメク・ドロイドR2-D2プロトコル・ドロイドC-3POが姿を消した。2体のドロイドはクローン・トルーパーたちが知らない間にアリーナの地下を冒険し、キンダローオーフニと出会って地震の原因を突き止めた。C-3POとR2-D2は二度と地震が起きないよう地下の入口に封印をして戻ってきたが、ウルフパックの隊員たちは2体のドロイドの冒険譚に耳を貸さなかった。

登場エピソード

参考資料

共和国軍
グランド・アーミー 第7空挺兵団 - 第41精鋭兵団 - 第91機動偵察兵団 - 第327星間兵団 - 第224師団 - 第104大隊 - 第212突撃大隊 - 第501軍団 - ゴースト中隊 - グリーン中隊 - トレント中隊 - タンゴ中隊 - ウルフパック - クローン・フォース99 - デルタ分隊
宇宙軍 オープン・サークル艦隊 - コルサント本国防衛艦隊 - ブルー中隊 - ゴールド中隊 - シャドウ中隊 - クローン・フライト7
スターシップ ヴェネター級スター・デストロイヤー - アクラメイター級アサルト・シップ - リパブリック・フリゲート - ペルタ級フリゲート - アークワイテンズ級軽クルーザー - CR90コルベット - イータ級シャトル - T-6シャトル - ニュー級アタック・シャトル - シータ級T-2cシャトル - Vウイング - ARC-170 - クローンZ-95 - V-19トレント - Yウイング - デルタ7 - デルタ7B - イータ2
ビークル AT-TE - AT-OT - AT-RT - AT-AP - AV-7対ビークル砲 - BARCスピーダー - HAVw A6ジャガーノート - ISPスピーダー - RX-200 - SPHA-T - LAAT/i - LAAT/c
クローン・トルーパー マーシャル・コマンダー - コマンダー - キャプテン - ルテナント - サージェント - ARC - ARF - BARC - コマンドー - ショック・トルーパー - スキューバ・トルーパー - ナビゲーション・オフィサー - パイロット - フレイムトルーパー - メディック - ライオット・トルーパー - 特殊作戦部隊
[テンプレート]
他言語版