FANDOM


「僕は故郷でT-16を飛ばしてウォンプ・ラットを仕留めたよ。大きさは2メートル以下だった」
ルーク・スカイウォーカー[出典]

ウォンプ・ラット(Womp rat)は砂漠惑星タトゥイーンに生息したクリーチャーである。住民たちからは害獣扱いされていた。青年期、ルーク・スカイウォーカーT-16スカイホッパーに乗って体長2メートルに満たないウォンプ・ラットを撃ち殺していた。

登場エピソード

参考資料

他言語版