FANDOM


「だからウエスタン・リーチをもう一度探そうと言ったんだ」
チューバッカに対し、ハン・ソロ[出典]
Canon galaxy map

銀河マップ

ウエスタン・リーチ(Western Reaches)は銀河系の領域のひとつ。惑星ジャクータコダナはこの領域に属した。

歴史

コア・ワールド領域でアンターの虐殺がメディアの関心の的になった際、皇帝シーヴ・パルパティーンは虐殺を指揮したモフウィルハフ・ターキンを論争から遠ざけるためウエスタン・リーチの和平工作任務へ派遣した。それから数間、ターキンはウエスタン・リーチを始めとする領域で独立星系連合残存勢力と戦った。ターキンはやがて辺境のセンチネル基地に配属されることになったが、帝国軍の中では彼がウエスタン・リーチ作戦に失敗したため左遷されたのではないかという噂が流れた。しかし、ターキンはこの辺境基地でデス・スターバトル・ステーションの建造プロジェクトに関わっていた。[1]

表記

ターキン』や『スター・ウォーズ コマンダー』等、邦訳メディアではウェスタンと表記されているが、ウーキーペディア日本語版では他の表記との整合性を考慮しウエスタンと表記する。

登場エピソード

参考資料

脚注

  1. 出典:ターキン
他言語版