FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 

ウェスター34ブラスター[1](WESTAR-34 Blaster)は小型で銀色のブラスター・ピストルダローリアン合金製。

特徴

ウェスター34は近距離においてとても効果的な、強力な光線を発射した。このブラスターは標準的なブラスターよりも多くの熱を吸収することができるようにダローリアン合金によって出来ていた。ウェスター34の高価なオーダーメイドの仕上げは、熱による影響を受け付けなくしていた。これらはまた、小さくてコンパクトなためジェットパックを使用するときに邪魔にならなかった。

歴史

Jangos holster FF60

ジャンゴ・フェットのホルスター・ベルト

威力よりも正確さと使いよさを重視していたバウンティ・ハンタージャンゴ・フェットは、特注のウェスター34ブラスターを1セット所有していた。このブラスターは至近距離からの攻撃用に設計されており、変形させて、重量は最小限に抑えられていた。例えば、グリップは肉抜きされていた。そして通常のピストルならば溶けてしまうほどの高熱にも耐えられるように、ダローリアン合金で出来ていた。惑星カミーノにおけるオビ=ワン・ケノービとの対決の際、ジャンゴは2丁のウェスタ34ブラスターのうちの1丁を、惑星の荒海に落として失くしてしまった。彼は残ったウェスターを使い続け、ジオノーシスではこれでコールマン・トレバーを殺害している。ジャンゴはジェダイのメイス・ウィンドゥによって首を切り落とされる寸前、ライトセーバーによって2丁目のブラスターも破壊されていた。クインラン・ヴォスも、コート・ヴォスを名乗って諜報活動を行っていたときにこのブラスターを持っていた。ジャンゴ・フェットの死後、ボバはジャンゴが彼に合うように特別に作ったウェエスター34を入手した。その他のウェスター34の著名な使用者として、カル・スキラータが挙げられる。

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki