Fandom

Wookieepedia

ウイー・マルロー

9,233このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク1 シェアする
Atticon.png

正史へ移行されていないレジェンズの記事

この記事は正史版を作成する必要があります。

ウイー・マルロー[1](Whie Malreaux)はクローン戦争期のジェダイ・パダワン

経歴

ジェダイ・オーダーに加わる

ウイー・マルローは33 BBY、惑星ヴジュンに誕生した。彼の一族は惑星指折りの名家の一つであり、代々強力なフォース感応力を備えていた。ヴジュンの人々もミディ=クロリアン値が総じて高く、ジェダイはこの惑星に関心を寄せていた。

彼の父マルロー伯爵はミディ=クロリアンとフォースに関する実験を行っており、あるとき遺伝子工学によってミディ=クロリアンを増やそうと試みた。実験は完全な失敗とはいえなかったものの、その代償としてヴジュンの人々は発狂、互いに殺し合いを始めた。ウイーの母親は錯乱状態に陥り、息子をジェダイに差し出した。なお、その後正気に戻った母親は、これをジェダイによる強奪だと信じ込んでいた。

クローン戦争

Whie1.jpg

ウイー・マルロー

彼はオーダーの生徒たちの中でも能力が極めて高かった。ウイーのマスター、マックス・リームは、同じ年齢であればアナキン・スカイウォーカーよりも優れていたのではないかと考えている。彼はアプレンティス・トーナメント等でたびたび好成績を挙げたが、生来の優しさが逆に欠点とも言われていた。実際、(ウイーが好意を寄せていた)タリシベス・エンワンダング=エスターヘイジー、通称スカウトは彼の優しさを利用し、トーナメントで勝利を奪った。

また、彼はしばしばフォースの予知夢を見た。それは例えばラド・ターンの死の報告を受ける自分といった些細なことから、アサージ・ヴェントレスの前で窮地に立たされている自分とスカウトといった重大なことまで、幅広かった。だが、彼が夢で見る自分の姿は決まってまだ若かった。ウイーはこのことから自分が若くして死に至ることを薄々悟っていた。

クローン戦争が始まってしばらくしたあと、ドゥークー伯爵はヴジュンのシャトー・マルローを乗っ取った。彼はここを隠れ家として ヨーダに対する罠を仕掛け、彼を呼び寄せた。ウィーはマスターをはじめとする三人のジェダイ(マックス・リーム、ジェイ・マラク、スカウト)と共にヨーダに随行し、その故郷に戻った。この旅で彼はマスターを失い、さらにアサージ・ヴェントレスによってフォースのダークサイドの誘惑にさらされるが、かろうじてこれに耐えることができた。

そしてアナキン・スカイウォーカーとオビ=ワン・ケノービが救助に現れたことで、ヨーダと共にかろうじて脱出に成功したのである。

オーダー66

ウイーはライトセーバーで切られて死ぬ夢をクローン戦争中に見ていた。そのライトセーバーが青かったことから、ウイーは将来自分がダークサイドに堕ち、仲間によって始末されるのではないかと不安を覚えていた。だが、真実はそうではなかった。オーダー66発令により、ウイーはアナキン・スカイウォーカーに殺されたのだ。ジェダイ・テンプルでシン・ドローリグとライトセーバーの訓練をしていた彼は、アナキンに立ち向かったものの、やはり、夢で見たとおりに息絶えた。

登場作品

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『暗黒の会合』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki