FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 

ウィークウェイ[1](Weequay)はアウター・リム・テリトリーハット・スペース近隣の惑星、スリルーア出身のヒューマノイド種族。故郷が厳しい砂漠の惑星であるため、彼らは日焼け気味で、皮膚は荒く、砂色で、皺が多かった。彼らの目は暗く、わずかにその頭蓋骨へとくぼんでいた。

生態と特徴

ウィークウェイは分厚い革のような皮膚をしたヒューマノイド種族だった。彼らの肌の色は黄褐色からダークブラウンまで存在した。ウィークウェイの顔には唇が無く、顎の形に特徴があった。

社会と文化

Weequay AOSWG

タトゥイーンにおけるウィークウェイ

ウィークウェイは、自分と同じ部族のメンバー同士ならば、言葉に出さず合成フェロモンを分泌することにより、意思疎通をすることが可能だった。このフェロモンによる言語は、他の種族、あるいは他の部族に属するウィークウェイにすら理解することができなかった。ジェダイたちの感覚だけが、ふたりのウィークウェイが意思疎通を行っていることを感じ取ることができた。それぞれのウィークウェイのフェロモンには独特の特徴があったので、ウィークウェイは部族内で名前を使う必要性が無かった。その結果、言葉による会話はウィークウェイのコミュニケーションの第二の形態となった。そのため彼らは会話の全てを口に出さずに済むのだが、そのせいで人間はウィークウェイが知性の足りない種族だと誤認することになる。

他の部族や、非ウィークウェイ種族の中で生活を送らなければならなくなったウィークウェイは個人の名前を使用した。しかし、そうしたものの中には単に“ウィークウェイ”と呼ばれたものもいた。ウィークウェイの文化では、個人の特性は部族よりも重要なものでは無かった。ひとつの部族が生き残るためならば、ウィークウェイひとりは使い捨ての犠牲となったのである。これは彼らの残忍な文化を生み出した。

男性のウィークウェイはしばしば髪の毛を三つ編みにして結んだ。故郷を離れたウィークウェイは伝統的に、スリルーアの暦で年ごとに、自分の故郷への賛辞として“セクリュージョン・ブレイド”と呼ばれる三つ編みをつくった。そして故郷に帰ったとき、彼らはその三つ編みを剃り落とす。ハットの氏族に仕えたウィークウェイはたいてい故郷に近い場所にいたので、三つ編みは1つか2つだった。また、女性のウィークウェイは通常髪の毛がなく、こうした伝統が無かった。

ウィークウェイの宗教は複雑であり、多くの神が存在した。月の神クウェイや雷の神アム=シャクなどがそれにあたる。クウェイは彼らの主要な神であり、ウィークウェイという種族名も「クウェイの信者」を意味していた。信心深いウィークウェイはクウェイの名誉のもとに、ときには殺人という手段を用いて儀式的犠牲行為を行い、彼らの文化の評判を貶めていた。彼らの都市は、彼らが食物や貴重品の黒の聖堂周辺に集中していた。この聖堂はサールとして知られ、石から作られており、ウィークウェイはそこで食料や貴重品を供えた。彼らの宗教規範では、スリルーア以外の場所でのサールの建築が禁じられていたが、神々に呼びかけを行うために、強い動物(バンサのような大きな動物)や敵をいけにえとして捧げる義務があった。

それほど熱心にというわけではなかったが、ウィークウェイは故郷をハウクの入植者と共有した。このふたつの社会は10 BBYにスリルーアでの戦争に発展する。10年後、戦争は終わり、職を失った多くのウィークウェイの戦士たちは傭兵バウンティ・ハンターとして働くことになる。この戦争でフォース・パイクやその他接近兵器の製造者となったウィークウェイの企業は、銀河系全域で評判を上げる。

銀河系におけるウィークウェイ

Editicon このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

登場作品

非正史作品

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。