Wikia

Wookieepedia

ウィルハフ・ターキン

トーク1
4,465 件の記事が
このウィキにあります
Tarkininfobox
ウィルハフ・ターキン
人物の情報
出身

エリアドゥ[1]

誕生

6459 BBYの間 (29~24BrS)、エリアドゥ

死亡

0 BBY (35:3)、ヤヴィン・プライム上空の
初代デス・スター[2]

身体の情報
種族

人間[1]

性別

男性[1]

身長

1.8メートル[1]

髪の色

金褐[3]、のちに白髪[2]

目の色

[2]

年代と政治的な情報
時代
所属
「あなたが拳をきつく握れば握るほど、さらに多くの星系が指の間から滑り出ることでしょう」
レイア・オーガナ[出典]

ウィルハフ・ターキン[6]Wilhuff Tarkin)は人間男性で、銀河帝国の最大の実力者のひとり。グランドモフとして帝国の主義思想を形作ったターキンは、その思想を具現化した超兵器デス・スターの開発における重要人物だった。彼は惑星エリアドゥの有力な軍人主義一族、ターキン家に生まれ、銀河共和国辺境領域保安軍でキャリアを歩み始めた。一度は軍を退役し、政界に入ってエリアドゥおよびセスウェナ宙域副総督になったターキンだったが、最高議長パルパティーンに仕えるため、再び軍隊に戻った。ターキンは、シスの暗黒卿という裏の顔を持つパルパティーンのため、ニュー・オーダー国家の設立に向け、エージェントとして暗躍した。この頃、友人レイス・サイナー遠征戦闘人工惑星の構想を知ったターキンは、友人を説得して設計図をパルパティーンに差し出した。これは、のちのデス・スターの原型となった。

強い発言力を持つ最高議長の支持者として名声を増していったターキンは、クローン大戦の時代にセスウェナ宙域の総督になった。戦争中、ジェダイ将軍イーヴン・ピールのもとで大佐として戦ったターキンは、部下たちとともに分離主義勢力シタデル・ステーションに閉じ込められたが、ジェダイクローン・トルーパーから成る攻撃部隊の助けを借りて脱出した。その後、彼は提督に昇進している。クローン大戦の終盤、パルパティーンはターキンを初代モフのひとりに任命した。共和国が帝国へと再編されると、ターキンは皇帝になったパルパティーンからデス・スター建造の監督任務を与えられた。間もなくターキンは、ターキン・ドクトリンと呼ばれる帝国の方針を打ち出した。これによりターキンは、皇帝に次ぐ帝国の創造者としての評判を固めた。圧倒的な力がもたらす恐怖によって銀河系を支配することを目指すターキン・ドクトリンに従い、帝国がいかなる抵抗運動も根絶やしにすることを示すため、デス・スターをはじめとする超兵器建造が進められた。皇帝は、アウター・リムほぼ全域の支配権を握る初代グランドモフの称号をターキンに与えた。

冷酷無比な統治を進めたグランドモフ・ターキンは、しばしばシス卿ダース・ヴェイダーと協力した。デス・スター建造が大幅に遅れたため、ターキンはモー研究所を造って設計を手直しし、愛人のナタシ・ダーラ提督にこの秘密施設の管理を任せた。モー研究所の科学者たちの尽力により、デス・スターは0 BBYにようやく完成した。帝国に反抗する反乱同盟を新型兵器で一網打尽にできると考えたターキンは、手始めに、反乱軍に協力的な惑星オルデラン破壊した。その後ターキンは、著名な反乱軍のメンバー、プリンセスレイア・オーガナをデス・スターから逃がすことで、ヤヴィン4に反乱軍の秘密基地があることを突き止めた。デス・スターの完全性を信頼していたターキンは、反乱軍の本部を破壊するため、この超兵器を指揮してヤヴィン星系に赴いた。しかし、ヤヴィンの戦いで反乱軍パイロットルーク・スカイウォーカーがデス・スター破壊に成功し、ターキンも命を落とした。

経歴編集

エリアドゥ出身の野心家編集

「古い流儀は死につつある。われわれは新しい時代に適応しなければならない。わたしは適応したよ」
レイス・サイナーに対し、ウィルハフ・ターキン[出典]

人間男性、ウィルハフ・ターキンは、惑星エリアドゥ出身の豊かで強力な名門家系、ターキン家に生まれた。ターキン家はエリアドゥとセスウェナ宙域政治とビジネスを支配し、銀河系の政界にも強い影響力を及ぼしていた。ウィルハフと弟のギデオン・ターキンは、名誉と伝統を持ち、政治や科学、芸術、そして軍事面など、幅広い分野で成功を治めた一族の中で育った。ターキンの年上の従兄弟、ラヌルフ・ターキンは、セスウェナ宙域代表の元老院議員を務め、軍国主義派閥の指導者だったが、44 BBYスターク・ハイパースペース紛争で英雄として戦した。ターキンは、銀河共和国に仕え、エリアドゥで成功を収めた一族の歴史を誇りに思っていた。しかし、彼はアウター・リムに拠点を置く自分の家系よりも、コア・ワールドの上流家庭の方が尊敬を集めていることに不満を抱き、出世への野心を燃やした。

若きターキンは、軍人を輩出してきたターキン一族の固い伝統に従い、軍事アカデミーに入学した。一族の遺産の全ての側面に従って育った若きウィルハフ・ターキンは、複数の分野で専門知識を深め、円熟した心を持つ知的な天才として評判を高めた。学校教育の中で、彼は戦術家としての才能を示し、スターシップの図案(これはインターディクター船の設計に影響を与えた)を描き、異種生物学の理論に新方面を切り開き、さらに、詩人や哲学者としても優れた才能を見せた。政治情勢に関する鋭い分析者でもあったターキンは、銀河共和国が衰退していることに気づき、銀河系のための新たなる将来を思い描いた。好戦的でかつ権威主義的、そして人間至上主義的な展望を描いたターキンは、世の中に変化をもたらすことが可能な権力を手に入れようと、強い野望を胸に抱いた。

アカデミーを卒業した後、彼と弟のギデオンは共和国辺境領域保安軍に加わった。この部隊は、エリアドゥを含むリムの領域、アウトランド・リージョン海賊行為から防衛する警備組織だった。瞬く間に昇進して中佐になったターキンは、軍務の中で銀河の首都惑星コルサントを数回訪問していた。39 BBYごろ、コルサントを訪れていたターキンは、同年代の優れたエンジニアで、造船企業リパブリック・サイナー・システムズ社の御曹司でもあるレイス・サイナーと親しくなった。

TarkinTFUCG

若きウィルハフ・ターキン

まだ若いころ、ターキンは故郷エリアドゥで政治家の道を歩むため、軍隊を退役した。33 BBY当時、一族の政治的功績と数多くのコネの力を借り、エリアドゥおよびセスウェナ宙域の副総督に選出されていたターキンは、エリアドゥ・シティの湾沿いに建つ高級マンションで暮らしていた。大きな野心を持つターキンは、ナブー選出のパルパティーン元老院議員と知り合いになった。パルパティーンもまた銀河元老院の重要メンバーであり、その正体はシスの暗黒卿ダース・シディアスだった。パルパティーンはこの裏の顔でターキンの人間至上主義的思想に訴えかけ、ターキンを目標達成のための味方にした。ターキンは、軍国主義的な立場が原因で、銀河政界でかなりの悪評を得ていた。また、エリアドゥにおいては、この惑星に住むヴァローラム家のメンバーと敵対関係にあることで知られていた。ターキンの立場は宙域総督よりも低かったが、エリアドゥの政治と経済情勢に強い影響を与える力を持っていた。

33 BBY、パルパティーン議員は、惑星ドーヴァラのふたつのロマイト採鉱企業、ロマイト社インターギャラクティック・オア社間の競争を操作することで、利益を得ようと計画した。ターキン副総督は両企業との契約を手配し、ロマイトをエリアドゥへと先に運搬した側の企業と、長期にわたる供給契約を結ぶと言い渡した。この競争に勝った企業は、他方よりも市場で優位な立場に立つことが出来る。ターキンは、競争の積み荷が届く予定の軌道住居でセレモニーを開いた。式典には、両企業の社長や、エリアドゥ・マニュファクチャリング社およびヴァローラム通運社の役員、そしてターキン自身も参加した。しかし、競争する両社の輸送船団は何者かの破壊工作を受け、ハイパースペースを抜けると同時に衝突した。この事件をきっかけに、ロマイト社とインターギャラクティック・オア社は合併してドーヴァラ・マイニング社となり、その輸送権はトレード・フェデレーションに与えられた。ニモーディアンの企業、トレード・フェデレーションのヴァイスロイを務めるヌート・ガンレイはパルパティーンの操り人形であり、彼らの権力はこの取り引きに参加したことで増大した。

同年、ネビュラ・フロントと呼ばれるテロリスト・グループの海賊行為に悩まされていたトレード・フェデレーションは、共和国に対し、自己防衛のためのドロイド軍団拡大の許可を求めた。パルパティーン議員の助言を受け、最高議長フィニス・ヴァローラムは、軍備拡大を許可する代わりにミッド・リムおよびアウター・リムの自由貿易圏に税を課すことを提案した。パルパティーンは、問題を円滑に解決するため、惑星エリアドゥで話し合いを行ってはどうかと進言する。ターキン副総督は、保安要員たちが厳重な警備を行う湾沿いの自宅へと、最高議長を迎え入れた。この一連の出来事は、ダース・シディアスに忠実なニモーディアンたちを、トレード・フェデレーションの指導部に据えるために、パルパティーンが仕組んだ策略だった。ターキンもまた、パルパティーンの計画の協力者だった。

DS1 under construction

≪只今建造中≫

現在、この記事で大幅な編集作業が行われています。

編集者間の争いを避けるため、礼儀としてこの記事への編集を控えてください。現在の記事編集者を知りたい場合は、編集履歴を参照してください。

登場作品 編集

参考資料編集

Wiki-shrinkable
ウーキーペディアにはウィルハフ・ターキンに関する11枚の画像があります。

脚注 編集

外部リンク 編集

ウィキアネットワーク

おまかせウィキア