FANDOM


ウィフィッド(Whiphid)は極寒の惑星トゥーラ出身の毛に覆われた2足歩行知覚種族である。下顎に巨大な2本の牙が生えていた。ジュキールヴァラリアンがこの種。

生態と特徴

ウィフィッドは背が高く、がっしりとした体格の知覚種族である。顔を除く体の大部分がきめの粗い長い毛に覆われていた。ウィフィッドの顔は頬がこけ、顎が前方に突き出していた。目は細い切れ込みのようなまぶたの中に引っ込んでおり、下顎から巨大な牙が2本生えていた。若いウィフィッドは成人に比べて体毛が少なかった。ウィフィッドは大柄で、ジュキールの場合身長は2メートルだった。

銀河系におけるウィフィッド

分離主義危機の時代、ジェンパという名の若いウィフィッドが惑星コルサントジェダイ・テンプル訓練を積んでいた。ジェダイ・イニシエイトのジェンパはベア・クランと呼ばれるクラスに所属しており、グランド・マスターヨーダの指導のもとでライトセーバーの技術を学んだ。

銀河内戦期、アウター・リム・テリトリーの惑星タトゥイーンにはウィフィッドの犯罪王ヴァラリアンが住んでいた。ヴァラリアンは商売敵であるジャバ・ザ・ハット宮殿に、同種族の恋人ジュキールを暗殺者として送り込んでいた。

登場エピソード

参考資料

脚注