FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 

ウィドル・ウォリック[2](Widdle Warrick)はウィリー(Willy)のニックネームで知られたイウォークの男性。彼はディージショードゥ・ウォリックの第二子である。兄はウィーチーで、弟がウィケット、妹にウィンダがいた。

経歴

ウィケットにとっての、まぬけで太った、そして不器用な兄であるウィドルは、旺盛な食用に頭の中が支配されていた。ウィドルはウィーチーと頻繁にたてつきあっていた。ウィドルはウォリック家の厄介者であり、しばしばほかのイウォークたちの冗談の的となっていた。

幼少時代、“ウィリー”は弟のウィケットとともにさまざまな冒険を楽しんでいたが、臆病者であるウィリーはその中で何度か非難を浴びてきた。ある日、ウィリーは森の中でイウォークに勇気を与えるというダイアモンドを発見した。彼の兄弟がどこかに姿を消してしまったとき、ダイアモンドによって勇気付けられていたウィリーは彼を救い出そうとする。知らないあいだにダイアモンドを失くしてしまっていたウィリーだったが、最終的には自分自身の勇気によって兄弟の救出に成功したのだった。

ジェレミットカタリーン・トワニゴラックスから救い出すキャラバンに加わったさい、ウィリーはログレイから力の青い翼を授かった。

その後、ウィリーは彼にとっての栄光の瞬間となるエンドアの戦いへと参加した。ウィリーはチューバッカともうひとりのイウォークとともに、AT-STテンペスト・スカウト2を乗っ取ることに成功したのである。彼らのおかげで、エンドア地上戦の流れは反乱同盟軍に有利に働いたのだった。

登場作品

Widdle (Cartoon)

『イウォーク物語』でのウィドル

参考資料

脚注

  1. 1.0 1.1 1.2 出典:Databank title Willy - Databank
  2. カタカナ表記は『スター・ウォーズ・ユニバース』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki